禅昌寺(ぜんしょうじ)は、神戸市須磨区禅昌寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は神撫山。本尊は十二面観音

禅昌寺
Zensho-ji KOBE.jpg山門
所在地

神戸市須磨区禅昌寺町2-5-1

北緯34度40分8.9秒
東経135度7分41.5秒
山号 神撫山
宗派 臨済宗南禅寺派
本尊 十二面観音  
創建年 延文年間(1356年 - 1361年
開山 月菴宗光
札所等 福原西国三十三箇所 第10番札所
法人番号 8140005000817 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

由緒編集

後光厳天皇の勅令により建立された西摂有数の寺院で、延文年間(1356年 - 1361年月菴宗光の開山により創建された寺で、足利幕府は寺領36石を寄進し、織田信長・荒木村重より諸役免除の沙汰を受けた。天正3年(1580年豊臣秀吉の三木城・別所長治攻めの兵火で焼失し、後に桃山御殿から豊国亭を移して方丈として再興[1]

慶長十九年に家康の後で金地院崇伝が、この寺ににった大蔵経を南禅寺に移した。これが今も南禅寺に現存し版重要文化財に指定されている。宋版のほか、麗大蔵経の初彫版が多く含まれることで知られる1879年明治12年)堂宇を焼失したが、運び出された板絵戸二枚が現存。本堂は、1915年大正4年)に再建し、内陣正面に奉安されている御本尊は、約650年前に阿弥が作った十二面観音で、お顔が十二面ある、たいへん珍しい形式の仏像です。

1983年の山門解体修理中に銘板が見つかっている。

寺の傍にある墓地には、“はしかの神様”として知られる戸沢平九郎光盛、地震研究の草分け、関谷清景の墓がある

交通アクセス編集

周辺教育施設編集

  • 禅昌寺幼稚園(禅昌寺の境内にある)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 武庫郡教育会 『武庫郡誌』 (1921)