福井優也

日本のプロ野球選手 (1988-)

福井 優也(ふくい ゆうや、1988年2月8日 - )は、岡山県英田郡西粟倉村出身のプロ野球選手投手)、野球指導者。右投右打。ベースボール・チャレンジ・リーグ福島レッドホープス所属。

福井 優也
福島レッドホープス 投手兼任コーチ #11
楽天時代
(2019年 メットライフドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県英田郡西粟倉村
生年月日 (1988-02-08) 1988年2月8日(36歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月17日
最終出場 2022年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福島レッドホープス (2024 - )

経歴

編集

プロ入り前

編集

西粟倉村立西粟倉小学校3年からソフトボールを始め、この頃からプロ野球選手になることだけを考えていた。夏は野球、冬はクロスカントリースキーで全国大会に出場した経験もある[1]西粟倉村立西粟倉中学校に進学後は兵庫県の硬式野球チーム「佐用スターズ」に入団し[2]、2年から投手を務めた。

2003年愛媛県済美高校へ入学。当時創部2年目の硬式野球部で[3]、監督に就任した上甲正典(前・宇和島東高校硬式野球部監督)を慕っての入学だった[4]。1年時の秋からエースの座をつかむと、11月の明治神宮野球大会東北高校戦で2安打完封勝利(7回コールド)を挙げた[4]。2年春には第76回選抜高等学校野球大会に出場。創部3年目にして初の甲子園大会出場となった[5]。大会では、1回戦の土浦湖北高校戦、2回戦の東邦高校戦で2試合連続完封勝利を挙げるなどの活躍を見せ[6]、初出場初優勝に貢献した[5]。2年夏は、愛媛大会を勝ち上がり、第86回全国高等学校野球選手権大会に出場[7]。春夏連続で甲子園大会出場となった。2回戦(初戦)から準決勝までの4試合全てで先発、完投勝利を挙げ、春夏連続で決勝進出に貢献[8]。決勝の駒澤大学附属苫小牧高校戦でも先発したが、疲労もあり5回途中6失点で降板[8][9]。その後チームは一時逆転に成功したものの、再び逆転を許し、優勝はならなかった[8]。3年からは主将を任され、夏には2年連続で愛媛大会を制し、第87回全国高等学校野球選手権大会に出場[10]。1回戦の旭川工業高校戦では8回10奪三振無失点の好投を見せたが[11]、2回戦の清峰高校戦では1回戦で指にできた肉刺の影響もあって制球が定まらず、2回に四死球を連発して5失点を喫し、そのまま敗退した[12]。在学中、甲子園球場の全国大会では12試合に登板し[12]、通算9勝[13]。当時の1学年先輩に、鵜久森淳志高橋勇丞がいる[3]

2005年10月3日に行われた高校生ドラフト会議では、読売ジャイアンツから4巡目で指名を受けた[13]。いったんは入団の意思を示した[4]ものの、11月5日に入団を辞退する意向を表明した[13][注 1]

大学への進学に際しては、4年時のドラフト会議でどの球団からも指名されずに硬式野球部のある企業へ就職する事態を想定したうえで、早稲田大学慶應義塾大学への進学を検討。当時早稲田大学野球部の監督を務めていた應武篤良から「進学先を早稲田だけに絞るのなら入部させる」と言われたこともあって、早稲田大学への進学を決めた[4]。しかし実際には、入部に有利な推薦入試の締め切りに間に合わず、一般受験にも合格しなかった。このため、2006年は浪人生活を送りながら、ワールドウイング(鳥取市内のトレーニング施設)で勉強とトレーニングに励んだ[4]

2007年早稲田大学スポーツ科学部トップアスリート選抜入試に合格。斎藤佑樹大石達也らと同期で推薦入学し、野球部に入部した。斎藤とともに2人の甲子園優勝投手は将来のダブルエースとして期待された。福井は後に「斎藤と大石は目標であり自分を満足させなかったライバル。自分は3番目です」と語っている[4]。1年春の東京六大学野球開幕2戦目(東京大学戦)に先発登板したが3回途中で2失点で降板した[14][15]。その後は投球フォームを崩し、さらに夏には右肩痛を発症[14]したため、ベンチ入りメンバーから外された。この頃はマウンド上での態度が悪く投球に悪影響を与えていたが、周りからの指摘で改めたことで冷静に投球できるようになったという[4]

2008年5月31日、東京六大学野球春季リーグ早慶戦1回戦に4番手でマウンドに上がり、2回を打者8人1安打無失点に抑えリーグ戦初勝利を挙げた。2009年春からは先発に定着。土曜日の初戦に斎藤、日曜日の2戦目に福井が投げるというローテーションだった[16]

 
福井の出身地である岡山県英田郡西粟倉村では広島東洋カープに2010年プロ野球ドラフト会議で1位を指名されたことを記念して垂れ幕が掲げられた。

4年次の2010年春からは早稲田のエース番号11を背負った[17]。9月12日の東京六大学野球秋季リーグ法政大学2回戦では、リーグ戦初完投を記録し、通算10勝目を挙げた[18]。リーグ通算成績は、35試合の登板で11勝3敗、防御率2.57、144奪三振だった[19]

2010年10月28日に行われたドラフト会議では、大石を抽選で外した広島東洋カープから1位指名を受け、11月28日に契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[20]。背番号は11。この年のドラフト会議の1巡目では、大石は(広島を含む)6球団からの重複指名を受け抽選の末埼玉西武ライオンズが、斎藤は4球団から重複指名を受け北海道日本ハムファイターズが入団交渉権を獲得[21]。同一所属から3人の投手が1位指名を受けた事例は、NPBのドラフト会議史上初めてで、3人とも指名後に入団した[21]

なお、ドラフト会議の直後に催された明治神宮野球大会では、東海大学との決勝に先発。6回5安打1失点(自責点0)という好投で、チームを優勝に導いた[4]

広島時代

編集

2011年は、春季キャンプ中に左太もも裏の張りを訴え別メニュー調整となり、ブルペン入りは2月10日まで遅れた[22]。それでも調整を重ね、開幕先発ローテーション入りを果たし[22]、4月17日[注 2]の対巨人戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で、先発投手として一軍公式戦にデビューした[24]。7回6安打2失点と好投し、プロ初勝利を挙げた[24][注 3]。巨人戦で初登板初勝利を記録するのは2006年齊藤悠葵以来、史上15人目[26]。この日は、日本ハムに入団した斎藤も、対千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)で初先発初勝利を挙げた[24]。同日に2人の新人が初登板初先発勝利を挙げたのは1981年杉本正山内和宏以来、30年ぶりだった[26]。なお、日本ハムの試合が広島の試合より早く終了したため、新人勝利一番乗りは斎藤に譲った[27]。8月25日の横浜ベイスターズ戦(マツダ)では、9回6安打1失点でプロ初完投勝利を挙げた[28]。球団の新人が完投勝利をあげるのは、1997年澤崎俊和黒田博樹以来であった[28]。最終的にこの年は、一軍公式戦に通算で27試合に先発登板し、8勝10敗を記録[29]。球団の新人としては1997年の澤崎と黒田以来、14年ぶりにリーグの規定投球回に到達した[29]。一方で、規定投球回到達者ではワーストとなる防御率4.12[29]セントラル・リーグ最多となる68与四球と11暴投を記録するなど[30]、課題も残した。オフの12月7日には、1200万円増となる推定年俸2700万円で契約更改した[29]

 
広島時代
(2012年 沖縄市野球場にて)

2012年は、2年連続で開幕先発ローテーション入りを果たしたが、5試合の登板で1勝2敗、防御率5.40と不振が続き、5月5日にプロ入り後初の二軍降格が決まった[31]。その後、7月に再び一軍に昇格すると、同13日の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で、プロ入り後初めて中継ぎとして登板した[32]。その後、再び先発に転向し、8月4日の阪神タイガース戦(マツダ)で2勝目を挙げた[33]。この年は10試合に先発登板するも、6回を投げ切ったのは2試合のみに終わり、2勝3敗と結果を残せなかった一方で、6試合の中継ぎ登板では防御率2.89[注 4]と安定した投球を見せた[34]

2013年は、本格的に中継ぎに転向[35]。勝ちパターンの一角として開幕一軍入りしたが、開幕から3試合連続で失点し、4月6日に二軍降格となった[36][37]。その後は一軍定着はならず、一軍と二軍の往復を繰り返し、最終成績は12試合の登板で0勝2敗、防御率8.69に終わった。

2014年は、春季キャンプの前に、プロ入り後初めて斎藤・大石と自主トレーニングを行った[38]。この年は再び先発に転向し、5月7日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でシーズン初先発登板するも、5回6失点で即二軍降格となった[39]。それでも2度目の先発登板となった7月27日の対阪神戦(マツダ)では、9回1失点の完投で、2年ぶりの勝利を挙げた[40]。その後は先発ローテーション入りし、最終的に11試合の登板で4勝5敗を記録[41]。オフには100万円増となる年俸2200万円で契約更改した[41]

2015年は、エースの前田健太大瀬良大地野村祐輔に加え、メジャーリーグから黒田が復帰、クリス・ジョンソンが加入したことで、チームの先発投手陣に厚みが増した[42]。それでも、黒田から春季キャンプでかけられた言葉により、メンタル面が改善[42]。これまで四球を出すたびに焦りが生じていたが、気持ちに余裕ができたことで制球力も向上したことで[42]、6番手として3年ぶりに開幕先発ローテーション入りを果たした[42][43]。4月は日程の都合上2試合のみの登板だったが、初登板は6回2失点、2試合目は7回無失点でシーズン初勝利を挙げた[42]。5月に入ると先発ローテーションに再び定着し、自身4連勝も記録した[42]。8月16日のDeNA戦(マツダ)で自己最多タイとなる8勝目を挙げると[44]、同22日の巨人戦(マツダ)では8回1失点の好投で、自己最多となる9勝目を挙げた[45]。最終的に、この年は一軍公式戦に先発で21試合に登板。通算の投球イニングは131回3/1で、入団1年目以来となるリーグの規定投球回到達はならなかったものの、9勝6敗、防御率3.56という成績を残した。オフには2000万円増となる推定年俸4200万円で契約更改した[46]

2016年は、チームが8年ぶりに復活させた投手キャプテンに就任した[47]。この年は、前年までエースだった前田がメジャーリーグに移籍し、大瀬良が右肘内側側副じん帯部分損傷で離脱したため、先発ローテーションの柱として期待され、開幕先発ローテーション入りを果たした[48]。しかし、5月8日までの7試合で1勝2敗、防御率5.38[49]、3試合連続で5失点以上を喫するなど調子が上がらず[50]、5月9日に登録抹消となった[51]。それでも、後半戦で一軍のローテーションに復帰。8月23日の対巨人戦(東京ドーム)に先発で勝利したことによって、チームに25年ぶりの優勝マジック(20)が点灯した[52]。1週間後(同月31日)の対DeNA戦(マツダ)にも先発する予定だったが、試合開始の直前に首の痛みを訴えたため、急遽登板を回避[53](チームは九里亜蓮を先発に立てて延長10回裏にサヨナラ勝利した[54])。翌9月1日の検査で「傍脊柱筋筋膜炎」と診断されたため、再び登録を抹消され[55]、そのままシーズンを終えた。一軍公式戦全体では、13試合の登板で5勝4敗、防御率4.34を記録した。

2017年は、一軍公式戦5試合の登板で1勝3敗、防御率7.16に留まった。シーズン終了後の11月11日に結婚した[56]

2018年は、一軍公式戦で自己最少の3試合の登板に留まり、0勝3敗と、2013年以来5シーズンぶりに未勝利でシーズンを終えた[57]

楽天時代

編集

2018年11月29日に、菊池保則との交換トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍することが発表された。背番号は31[58]。当時は斎藤が日本ハム、大石が西武で現役を続けていたことから、福井の楽天移籍によって3人ともパシフィック・リーグの球団に同時に在籍することになった(大石は翌2019年限りで現役を引退)[注 5]

2019年は、開幕から一軍先発陣の一角を担うと、4月10日の対西武戦(メットライフドーム)で移籍後初勝利を挙げた。一軍公式戦での勝利は広島時代の2017年4月26日に対巨人戦(マツダ)に先発で記録して以来2シーズン(714日)ぶりだった[59]。その後も、5月までに西武から3勝を挙げるなどチームの開幕ダッシュに貢献した。5月中旬以降は一軍から遠ざかっていたが、一軍が千葉ロッテマリーンズとの間でクライマックスシリーズ(CS)への進出権を争っていた9月21日にも、楽天生命パークでの対西武戦に先発。「ショートスターター」として3回無失点の好投でチームの勝利とCS進出に貢献した[60]。最終的に、レギュラーシーズン全体では一軍公式戦8試合に登板。西武から3勝を挙げたものの、それ以外からは勝ち星を挙げられず、3勝1敗、防御率5.18に留まった[61]

2020年は、二軍で開幕を迎え[62]、8月2日に一軍初昇格[63]。7試合に先発するも、打線の援護に恵まれない試合もあり、0勝4敗、防御率5.46という成績でシーズンを終えた[62]

2021年は、6月18日に一軍昇格すると、同日のオリックス・バファローズ戦で、中継ぎとしてシーズン初登板し、2回無失点に抑えた[64]。その後も中継ぎとして一軍に帯同し、最終的に19試合に登板。0勝0敗、防御率4.43を記録した[65]

2022年は、中継ぎとして11試合に登板し、0勝0敗1ホールド、防御率4.09を記録したが、10月3日に戦力外通告を受けた[66]

BCL・福島時代

編集

2022年11月8日、楽天生命パークで行われた12球団合同トライアウトに参加。「NPBは無理でも独立リーグで勉強することもある。簡単には終わらせない」と感想を述べた[67]。その後、12月27日に放送された「プロ野球戦力外通告2022」に出演し、独立リーグのベースボール・チャレンジ・リーグに所属する福島レッドホープスへの入団を公表した[68]。その後、同日中に球団からも入団が発表された[69]。背番号は11

2023年8月25日、対新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ戦(しらさわグリーンパーク)で、リーグ史上7人目となるノーヒット・ノーランを達成した[70]。このシーズンは最終的に17試合に登板(すべて先発)して10勝5敗、防御率2.28の成績で[71]、リーグの地区最優秀防御率のタイトルを獲得した[72][73]。シーズン終了後の12月18日、投手兼任コーチに就任することが発表された[74]

2024年5月12日、対群馬ダイヤモンドペガサス戦(しらさわグリーンパーク)での登板の際、暴投後にベースカバーも間に合わず失点を許した場面で、走者がまだいるインプレー中にもかかわらずボールをグラウンドに叩きつけた。大きく弾んだボールはボールデッドとなり、残っていた走者に安全進塁権が与えられ、その進塁で逆転を許すといった珍プレーがあった[75][76]

選手としての特徴

編集
 
広島時代(2011年)

平均球速約141km/h[77]、最速152km/hのストレートと縦のスライダーカーブフォークが武器[78][79]。一方でプロ1年目の2011年にリーグ最多の与四球・暴投を記録するなど制球力に欠けており、広島時代に投手コーチだった大野豊からは「新しい球を覚えるというより、持ち球の制球力を磨いてほしい」と修正点を挙げられていた[80]

人物

編集

長兄の和真は元前橋育英高校アンダースロー投手で、現在は同校のコーチを務めている。次兄の龍一も2003年の甲子園沖縄尚学高校の投手兼外野手として出場しベスト16まで進出したが2011年4月20日に交通事故により死去。福井には先発を務めた4月24日のヤクルト戦後に訃報が伝えられた。5月3日の横浜戦で、先発を務め6回2/3を1失点と好投し勝ち投手になり、お立ち台では「天国のお兄ちゃんに捧げたいです」と涙を見せた[81]

2005年のNPB高校生ドラフト会議で巨人から指名されたにもかかわらず入団を固辞したことをめぐっては、指名順位が4位と低かったことが理由として報じられていたが、本人はそのことを否定。甲子園球場の全国大会と無縁であった北照高校から自身と同じ右投手の加登脇卓真が3位で指名されたことや、徳島商業高校から2003年のNPBドラフト会議4位指名を経て入団した平岡政樹が、2005年高校生ドラフト会議の前後に支配下選手登録の解除育成選手としての再契約)を通告されたことにショックを受けたことを理由に挙げている[4]。また、固辞を申し入れてから早稲田大学への入学までに1年間の浪人生活を余儀なくされたことについては、「高校時代に酷使した右肩を休めることができたので、充実した1年だった」と語っている[4]

性格については、早稲田大学の監督だった應武からは、「ふてぶてしく見えるが、実は繊細で(同期の斎藤・大石に比べて)プロに向いている」と評価[82]。広島のスカウトとして福井の入団交渉を担当した苑田聡彦からは、「斎藤や大石に比べて闘争心を強く感じた」との印象を持たれている[83]。一方で、プロ入り後、SNS上で審判員の投球判定に遠回しに文句をつけるような投稿を行い、ファンから「さすがに女々しい」と非難を受けたこともある[84]

同郷にはバンクーバーパラリンピック・金メダリストの新田佳浩がいる。福井も新田が出場した長野パラリンピックを現地で観戦していた。また、大学の同級生には九州朝日放送アナウンサーの長岡大雅がおり、今でも親交が深い。

恩師の應武篤良が死去した際には「『早稲田大学に来い』と熱心に言ってくれたのが応武監督で、その熱意のおかげで一浪する覚悟ができ、早稲田に入ることを決めました。応武監督の熱意がなければその覚悟もつかなかったですし、プロにも行くこともかなわず、今の自分はなかったと思います」と感謝を述べいている[85]

詳細情報

編集

年度別投手成績

編集




















































W
H
I
P
2011 広島 27 27 2 0 0 8 10 0 0 .444 640 146.1 133 14 68 0 8 120 11 2 76 67 4.12 1.37
2012 17 10 0 0 0 2 3 0 0 .400 264 58.2 52 6 37 0 1 53 2 1 28 28 4.30 1.52
2013 12 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 98 19.2 29 1 11 0 1 14 1 0 23 19 8.69 2.03
2014 11 11 1 0 0 4 5 0 0 .444 268 60.0 58 2 29 0 9 36 5 0 30 29 4.35 1.45
2015 21 21 0 0 0 9 6 0 0 .600 541 131.1 106 10 53 0 5 99 7 1 53 52 3.56 1.21
2016 13 13 0 0 0 5 4 0 0 .556 345 76.2 84 9 30 0 4 63 0 0 38 37 4.34 1.49
2017 5 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 131 27.2 36 1 12 0 2 15 0 0 24 22 7.16 1.73
2018 3 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 67 15 18 5 5 0 0 13 1 0 14 14 8.40 1.53
2019 楽天 8 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 150 33.0 31 3 24 0 2 20 1 0 19 19 5.18 1.67
2020 7 7 0 0 0 0 4 0 0 .000 128 29.2 26 2 14 0 2 18 0 0 18 18 5.46 1.35
2021 19 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 82 20.1 17 3 6 0 0 21 1 0 10 10 4.43 1.13
2022 11 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 49 11.0 14 1 4 1 0 7 1 0 5 5 4.09 1.64
通算:12年 154 106 3 0 0 32 41 0 1 .438 2763 629.1 604 57 293 1 34 479 30 4 338 320 4.58 1.43
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績

編集


投手












2011 広島 27 6 21 1 1 .964
2012 17 0 7 1 0 .875
2013 12 6 4 0 0 1.000
2014 11 6 6 1 1 .923
2015 21 12 20 1 0 .970
2016 13 5 15 1 0 .952
2017 5 4 3 2 1 .778
2018 3 1 2 0 0 1.000
2019 楽天 8 1 7 0 0 1.000
2020 7 3 4 2 0 .778
2021 19 0 2 0 1 1.000
2022 11 0 1 0 0 1.000
通算 154 44 92 9 4 .938
  • 2022年度シーズン終了時

記録

編集
初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

独立リーグでの投手成績

編集




















































W
H
I
P
2023 福島 17 17 1 1 0 10 5 0 0 .667 449 110.1 92 6 27 - 9 91 5 0 39 28 2.28 1.08
通算:1年 17 17 1 1 0 10 5 0 0 .667 449 110.1 92 6 27 - 9 91 5 0 39 28 2.28 1.08
  • 2023年度シーズン終了時

背番号

編集
  • 11(2011年 - 2018年、2023年 - )
  • 31(2019年 - 2022年)

登場曲

編集

関連情報

編集
  • JA共済連 広島(2012年4月)
  • 東亜地所 (2017年) 東亜地所イメージキャラクターも務める。
    • 東亜地所 カープ選手4人篇 (2017年)
    • 東亜地所 カープバッテリー篇 (2017年)

ポスター

編集
  • JAの自動車自賠責保険

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ NPBのドラフト会議で巨人から指名された後に入団を固辞した選手は、1980年に4位指名を受けた瀬戸山満年以来、25年ぶり[13]
  2. ^ この年は、東日本大震災の影響で、プロ野球の開幕が4月12日まで延期された[23]
  3. ^ 試合後のヒーローインタビューで福井は勝利の喜びを誰に伝えたいかとの質問に、「今日も来てくれている両親に……ありがとうと言いたいです」と普段はポーカーフェイスであるが、この日は涙を浮かべる場面もあった[25]
  4. ^ 9月24日時点。
  5. ^ 広島東洋カープの歴代の大卒ドラフト1位投手としては初のトレード移籍選手となった(大卒野手を含めれば、2004年オフの町田公二郎の以来2例目となるが、町田は金銭トレードであり交換トレードとしてはこれが初の事例である)。

出典

編集
  1. ^ “広島1位福井 異色スキートレ投手だ”. 日刊スポーツ. (2010年12月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2010/news/p-bb-tp1-20101210-712251.html 2021年7月6日閲覧。 
  2. ^ “広島ドラ1福井「目標は開幕1軍」”. 日刊スポーツ. (2011年1月10日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20110110-722923.html 2022年12月29日閲覧。 
  3. ^ a b “済美を創部2年で日本一にした上甲の哲学/愛媛1”. 日刊スポーツ. (2018年5月27日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/kunikarakoko/news/201805220000401_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j 節丸裕一『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』講談社、2011年。ISBN 978-4-0629-5066-4 
  5. ^ a b 名将・上甲監督が率いた宇和島東、済美はセンバツ初出場で初V!”. 高校野球ドットコム (2022年3月7日). 2022年12月29日閲覧。
  6. ^ 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」”. 高校野球ドットコム (2015年3月30日). 2022年12月29日閲覧。
  7. ^ “済美・上甲監督の魔法「ご神水じゃ飲め!」/愛媛2”. 日刊スポーツ. (2018年5月28日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/kunikarakoko/news/201805230000345_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  8. ^ a b c “愛媛)済美、偉業あと一歩 春夏連覇逃す 04年決勝”. 朝日新聞. (2018年5月20日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASL5H4HBXL5HPFIB00J.html 2022年12月29日閲覧。 
  9. ^ 駒大苫小牧 13-10 済美”. バーチャル高校野球. 2022年12月29日閲覧。
  10. ^ 済美、応援旗贈呈や壮行会「県代表として懸命プレー」”. asahi.com (2005年8月2日). 2022年12月29日閲覧。
  11. ^ 済美、6―0で旭川工下す 高校野球第1試合”. asahi.com (2005年8月9日). 2022年12月29日閲覧。
  12. ^ a b 済美・福井「僕のせい」 最後の夏飾れず”. asahi.com (2005年8月15日). 2022年12月29日閲覧。
  13. ^ a b c d “巨人25年ぶりフラれた済美・福井が入団拒否/復刻”. 日刊スポーツ. (2016年11月6日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1727757_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  14. ^ a b 斎藤佑樹×福井優也×大石達也が語り合う早大時代「斎藤、調子に乗ってんな…オレはお前には負けていない」”. Web Sportiva (2022年12月22日). 2022年12月29日閲覧。
  15. ^ 2007 春季リーグ戦 早大×東大 2回戦”. 東京六大学野球連盟. 2022年12月29日閲覧。
  16. ^ 斎藤佑樹、福井優也、大石達也が今だから明かす「ジャパン選考ぶちギレ事件」「ドラフト秘話」「應武監督」”. Web Sportiva (2022年12月22日). 2022年12月29日閲覧。
  17. ^ “早大福井が今季初勝利/東京6大学”. 日刊スポーツ. (2010年5月3日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/amateur/news/p-bb-tp3-20100503-625327.html 2022年12月29日閲覧。 
  18. ^ “早大・福井初完投で通算10勝目”. 日刊スポーツ. (2010年9月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/amateur/news/p-bb-tp3-20100913-677874.html 2021年7月6日閲覧。 
  19. ^ リーグ戦・選手個人通算成績”. 東京六大学野球連盟. 2022年12月29日閲覧。
  20. ^ “【広島】ドラ1福井仮契約、背番号は11”. 日刊スポーツ. (2010年11月28日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/professional/draft/2010/news/f-bb-tp1-20101128-707813.html 2022年12月29日閲覧。 
  21. ^ a b 【2010年ドラフト】早大トリオがそろって1位。柳田悠岐、秋山翔吾など2位以下、育成も当たり年/ドラフト全史1965-2018”. 週刊ベースボール (2019年10月17日). 2022年12月29日閲覧。
  22. ^ a b “広島福井“ハイペース調整”ジンクス無用”. 日刊スポーツ. (2012年1月25日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20120125-894501_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  23. ^ 日常の象徴が消えた春、2011年のプロ野球開幕延期を振り返る”. ベースボールキング (2020年3月13日). 2022年12月29日閲覧。
  24. ^ a b c d “因縁の対決 福井 斎藤と同じ日に初先発初勝利”. スポーツニッポン. (2011年4月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/17/kiji/K20110417000646120.html 2022年12月29日閲覧。 
  25. ^ 福井、男泣き!因縁Gからプロ初勝利 - ウェイバックマシン(2011年5月6日アーカイブ分) デイリースポーツ、2011年4月17日。
  26. ^ a b “斎藤、福井の初登板初勝利は30年ぶりの記録”. スポーツニッポン. (2011年4月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/18/kiji/K20110418000651910.html 2022年12月29日閲覧。 
  27. ^ “【日本ハム連載】斎藤佑樹、初登板初先発1勝 11年の新人勝利一番乗り”. 日刊スポーツ. (2022年5月11日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202208110000218_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  28. ^ a b c “広島ルーキー福井が初完投で6勝目”. 日刊スポーツ. (2022年5月11日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20110826-825533.html 2022年12月29日閲覧。 
  29. ^ a b c d “広島福井 納得の2700万「来季は2桁勝つ」”. 日刊スポーツ. (2011年12月8日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp1-20111208-874086_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  30. ^ 2011年度 セントラル・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)”. 日本野球機構. 2022年12月29日閲覧。
  31. ^ “【広島】福井初めての2軍落ち”. 日刊スポーツ. (2012年5月5日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20120505-945987_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  32. ^ “【広島】福井プロ初の中継ぎで2回1失点”. 日刊スポーツ. (2012年7月13日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20120713-982874_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  33. ^ “エルドレッド2本塁打!福井 2勝目で広島貯金1”. スポーツニッポン. (2012年8月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/04/kiji/K20120804003835770.html 2022年12月29日閲覧。 
  34. ^ “広島福井 来季セットアッパー構想浮上”. 日刊スポーツ. (2012年9月24日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20120924-1022313_m.html 2022年12月29日閲覧。 
  35. ^ “中継ぎ転向で一変!福井「気持ちが違う」制球力に成長見せた”. スポーツニッポン. (2013年2月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/26/kiji/K20130226005279580.html 2022年12月30日閲覧。 
  36. ^ “【広島】福井「修正して帰ってきます」”. 日刊スポーツ. (2013年4月6日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20130406-1108598_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  37. ^ “福井2軍落ち 登板3戦すべてで失点”. デイリースポーツ. (2013年4月7日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2013/04/07/0005879223.shtml 2022年12月30日閲覧。 
  38. ^ “早大トリオ、復活誓い練習 斎藤・大石・福井”. 日本経済新聞. (2014年1月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKB0130_T10C14A1000000/ 2021年7月6日閲覧。 
  39. ^ “広島福井2年ぶり1勝、昨年急死父に捧ぐ”. 日刊スポーツ. (2014年7月28日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20140728-1341729_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  40. ^ “広島・福井 2年ぶり勝った!昨年死去父の墓前にやっと吉報”. スポーツニッポン. (2014年7月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/28/kiji/K20140728008642070.html 2021年7月6日閲覧。 
  41. ^ a b ドラフトでのフィーバーから4年…“早大トリオ”の年俸推移を振り返る”. ベースボールキング (2014年12月2日). 2022年12月30日閲覧。
  42. ^ a b c d e f 自己最多の白星積み上げる広島・福井 5年目右腕を覚醒に導いた黒田の言葉”. Full-Count (2015年8月27日). 2022年12月30日閲覧。
  43. ^ “広島6人ローテ構想…緒方監督が明かす”. 日刊スポーツ. (2015年3月3日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1441485_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  44. ^ 広島・福井が今季最多124球で自己最多タイ8勝 「気持ちを出してしまった」”. Full-Count (2015年8月16日). 2022年12月30日閲覧。
  45. ^ “広島福井粘投!自己最多9勝 自力V消さない”. 日刊スポーツ. (2015年8月23日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1527220_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  46. ^ “広島・福井、2千万円増4200万円サイン「仕事はできたと」”. スポーツニッポン. (2015年12月3日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/03/kiji/K20151203011620400.html 2022年12月30日閲覧。 
  47. ^ “福井が主将の誓い 2桁星&規定投球回”. デイリースポーツ online. (2015年12月4日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/12/04/0008618474.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  48. ^ “広島・福井、開幕ローテ3番手「確」 昨季セ覇者に6回4安打1失点”. サンケイスポーツ. (2016年3月16日). https://www.sanspo.com/article/20160316-SX4T5JX2OFLY7PW2HFPHFI4KCU/ 2022年12月30日閲覧。 
  49. ^ 広島 福井優也投手・2ケタ勝利が最低限”. 週刊ベースボール (2016年12月15日). 2022年12月30日閲覧。
  50. ^ “広島 福井、4回途中5失点KOで2軍落ち 3戦連続の大量失点”. スポーツニッポン. (2016年5月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/08/kiji/K20160508012550220.html 2022年12月30日閲覧。 
  51. ^ “福井も二軍降格…横山、黒田に続き”. デイリースポーツ online. (2016年5月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/05/08/0009063807.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  52. ^ “福井、打球直撃にめげずM20に貢献 「もう投げられない」から奮起”. デイリースポーツ online. (2016年8月24日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/08/24/0009421955.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  53. ^ “福井にアクシデント 先発直前に首に痛み、抹消へ”. デイリースポーツ online. (2016年9月1日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/09/01/0009444391.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  54. ^ 2016年9月1日 (木) 広島東洋カープ対横浜DeNAベイスターズ23回戦(マツダ)”. 日本野球機構. 2021年7月6日閲覧。
  55. ^ “先発回避の福井は傍脊柱筋筋膜炎 登録抹消で岡田が一軍合流”. デイリースポーツ online. (2016年9月1日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/09/01/0009446004.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  56. ^ “カープ福井が結婚!お相手2歳上一般人 姉さん女房のためにも来季復活”. デイリースポーツ online. (2017年11月12日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/12/0010725145.shtml 2018年10月20日閲覧。 
  57. ^ “広島福井優也「驚いている」楽天菊池保則とトレード”. 日刊スポーツ. (2018年11月29日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201811290000455_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  58. ^ “楽天・菊池「東北・仙台は第2の故郷…来季は広島で恩返しを」広島・福井とトレード”. スポーツニッポン. (2018年11月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/29/kiji/20181129s00001173221000c.html 2018年11月29日閲覧。 
  59. ^ “楽天福井714日ぶり勝利、移籍で解き放たれた重圧”. 日刊スポーツ. (2019年4月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904100001216.html 2020年2月15日閲覧。 
  60. ^ “【楽天】4か月ぶり先発の福井、ショートスターターで3回無失点と好投「自分の仕事ができた」”. スポーツ報知. (2019年9月21日). https://hochi.news/articles/20190921-OHT1T50208.html?page=1 2022年12月30日閲覧。 
  61. ^ “楽天・福井優也は200万円減でサイン 「春先だけ」からの巻き返し誓う”. デイリースポーツ. (2019年11月21日). https://www.daily.co.jp/baseball/2019/11/21/0012895836.shtml 2020年2月15日閲覧。 
  62. ^ a b “楽天・福井は300万円ダウンの2000万円でサイン 早大の後輩・早川には「自分も負けないように」”. スポーツニッポン. (2020年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/28/kiji/20201128s00001173304000c.html 2022年12月30日閲覧。 
  63. ^ 楽天福井、300万円減の2000万円で更改 今季0勝から巻き返し誓う「長く現役を」”. Full-Count (2020年11月28日). 2022年12月30日閲覧。
  64. ^ “今季初登板の楽天福井優也「いただいたチャンスなので」 2回無失点好投”. 日刊スポーツ. (2021年6月18日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202106180001391_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  65. ^ “楽天福井は現状維持2000万円「斎藤、大石の分も頑張ろうと思いました」”. 日刊スポーツ. (2021年11月19日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202111190000451_m.html 2022年12月30日閲覧。 
  66. ^ “楽天が3選手に戦力外通告 福井・福山・川島のベテランと来季契約を結ばず”. (2022年10月3日). https://baseballking.jp/ns/342150 2022年12月30日閲覧。 
  67. ^ 村瀬秀信/集英社『週刊プレイボーイ』2022年11月28日号No.48 28‐32頁「3年ぶりの有観客開催 俺たちはポンコツじゃない!! あきらめの悪い男たちの運命の一日に密着!!」
  68. ^ “元楽天の福井優也 BC福島入り 合同トライアウト参加、声かからずも「野球を続けようと思っていた」”. スポーツニッポン. (2022年12月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/12/27/kiji/20221227s00001000553000c.html 2022年12月30日閲覧。 
  69. ^ 「新入団選手」のお知らせ”. 福島レッドホープス (2022年12月27日). 2022年12月28日閲覧。
  70. ^ 【福島・福井選手】 ノーヒットノーラン達成のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2023年8月25日)2023年8月25日閲覧。
  71. ^ 福島レッドホープス 福井優也 - 一球速報.com
  72. ^ 2023シーズン個人タイトル確定 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2023年9月5日)2023年9月10日閲覧。
  73. ^ 西尾典文NPB復帰も? 元広島&中日戦士が活躍、“戦力外”後に独立L&社会人で成長遂げる男たち」『AERA dot.』2023年9月9日。2023年10月12日閲覧。
  74. ^ 「福井優也 投手兼任コーチ就任」のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2023年12月18日)2023年12月19日閲覧。
  75. ^ BCリーグで「リアル茂野吾郎」なプレー?元広島、楽天の福井優也がボールたたきつけ逆転許す」『日刊スポーツ』2024年5月13日。2024年5月15日閲覧
  76. ^ 「ボールを叩きつけて逆転」前代未聞の大失態!ハンカチ王子の同期投手「怒りの暴投」事件」『アサ芸プラス』2024年5月13日。2024年5月15日閲覧
  77. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2012年、144頁頁。ISBN 978-4-905411-04-8 
  78. ^ 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、20-21頁。
  79. ^ 『野球小僧』10月号、白夜書房、雑誌18801-10、19頁
  80. ^ “広島投手陣争い激化 福井もローテ白紙”. 日刊スポーツ. (2011年11月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111103-858415.html 2021年7月6日閲覧。 
  81. ^ “事故死の兄にささげる…福井、涙の2勝目”. スポーツニッポン. (2011年5月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/04/kiji/K20110504000751540.html 2021年7月6日閲覧。 
  82. ^ 広島ドラ1福井 佑&大石に負けん!! - ウェイバックマシン(2010年11月7日アーカイブ分) デイリースポーツ、2010年11月4日
  83. ^ ルーキー群像<6>福井優也投手(22)=早大 - ウェイバックマシン(2011年4月10日アーカイブ分) 中国新聞、2011年1月23日
  84. ^ 「カープ福井、インスタで炎上 「審判への不満」投稿にファンからも「女々しい」」『J-CAST ニュース』2017年8月14日。 {{cite news}}: |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明); 不明な引数|ur=は無視されます。 (説明)
  85. ^ 【楽天】福井優也、早大時代の恩師・応武篤良氏を悼む「監督の熱意がなければ今の自分はなかった」 2022年9月7日 19時3分スポーツ報知 (2023年2月8日閲覧)

参考文献

編集
  • 節丸裕一 『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』 講談社、2011年3月11日

関連項目

編集

外部リンク

編集