福井玲

福井 玲(ふくい れい、1957年 - )は、日本朝鮮語学者、東京大学教授。朝鮮語日本語が専門。朝鮮語のローマ字表記法の一種を考案したり、TIPAの開発をしている。

目次

人物編集

岐阜県出身。1980年東京大学文学部言語学科卒、87年同大学院博士課程単位取得満期退学。1984-86年ソウル大学校に学ぶ。87年東大文学部助手、1989年明海大学外国語学部講師、92年東大教養学部助教授、97年東大文学部附属文化交流研究施設助教授、2002年同人文社会系研究科助教授、2007年人文社会系研究科韓国朝鮮文化研究専攻准教授。

著書編集

  • 『韓国語音韻史の探究』三省堂 2013

監修編集

  • 『デイリー日韓英・韓日英辞典』尹亭仁共監修 三省堂編修所編 三省堂 2002

翻訳編集

  • ジェフリー・K.プラム, ウィリアム・A.ラデュサー 『世界音声記号辞典』土田滋,中川裕共訳 三省堂 2003

参考編集

外部リンク編集