福井県旗
福井県の旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 2:3
制定日 1952年3月28日
使用色
テンプレートを表示

福井県旗(ふくいけんき)は、日本都道府県の一つ、福井県。本項では、旗に図示されている福井県章(ふくいけんしょう)についても併せて解説する。

概要編集

県章は1952年昭和27年)3月28日に制定された[1]著作権法の規定により、2003年平成15年)1月1日よりパブリックドメインとなっている。片仮名の「フ」「ク」「イ」を組み合わせて円形に図案化したもので、デザインに込められた意味は諸説有るが県の公式説明では「双葉の間から若葉が出る姿に似ており、県の発展の願いが込められている」とされている[2]。県章単独で使用する場合の配色は藍色またはとされており、このような配色の指定が為された県章はこれが最古と見られる。

県旗は県章を制定した際の告示に「備考 県旗に使用する場合は藍地色染抜きとする」と規定されている。

脚注編集

外部リンク編集