福井県立音楽堂

福井県立音楽堂(ふくいけんりつおんがくどう、愛称: ハーモニーホールふくい英語: Harmony Hall Fukui)は、福井県福井市今市町に所在するコンサートホール1997年9月20日に開館した[1]。公益財団法人 福井県文化振興事業団が管理および運営を行う。

福井県立音楽堂
福井県立音楽堂(ハーモニーホールふくい)
情報
通称 ハーモニーホールふくい
完成 1997年9月3日
開館 1997年9月20日
開館公演 本文参照
延床面積 11,649m²
用途 コンサート演劇、講演会
運営 公益財団法人福井県文化振興事業団
所在地 918-8152
福井県福井市今市町40-1-1
位置 北緯36度0分53.5秒 東経136度12分26.77秒 / 北緯36.014861度 東経136.2074361度 / 36.014861; 136.2074361座標: 北緯36度0分53.5秒 東経136度12分26.77秒 / 北緯36.014861度 東経136.2074361度 / 36.014861; 136.2074361
アクセス 別記
公式サイト 福井県立音楽堂

地理院地図 Googleマップ 福井県立音楽堂

目次

概要編集

1997年9月23日の開館記念式典の日に行われたこけら落とし公演は、県内外から集まったメンバーで構成された県民オーケストラと合唱団(岩城宏之指揮)による、マーラー交響曲第2番「復活」の演奏会だった[2]

同年10月16日に、ベルナルト・ハイティンク率いるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が公演を行ったのを始めとして、その後も国内外の数多くの一流アーティストや楽団により公演が行われるなど、そのホールの音響効果は海外でも非常に高い評価を受けている。2001年2月にロンドン交響楽団と共に公演した指揮者ムスティスラフ・ロストロポーヴィチは、演奏後に「このようなレベルまで達しているコンサートホールはまずない。世界でも最高レベル」と絶賛した[2]

毎年春と秋には「ワンコイン オルガンコンサート」が開かれている。2007年7月末現在までの来館者総数は、162万958人[1]

1998年12月には岐阜県のサラマンカホールと友好ホール宣言をした[2]。開館5周年を迎えた2002年には、アメリカ合衆国ニュージャージー州にあるニュージャージー・パフォーミング・アーツ・センター英語版 (NJPAC) と姉妹館提携を結んだ[2]

世界のさまざまな情報を集めたインターネットのニュースサイト「Daily News Agency」(DNA)のアートとデザイン部門で、「世界の非常に美しいコンサート・ホール25選」の一つとして、日本国内の施設として唯一紹介されている[3]

施設編集

ハーモニーホールふくいでは、コンサート等の演奏中に携帯電話の電波遮断装置を稼動させているため、ホール内は圏外となる。

大ホール編集

座席数は1456席(1階 908席、2階 350席、桟敷席 24席、合唱席 164席、車椅子対応席 10席)。シューボックス型の音楽専用ホールで、主にオーケストラ吹奏楽合唱のコンサートや演劇等の公演のほか、コンベンションにも使用される。ステージの背後の2階席中央部にはパイプオルガンが設置されている。

パイプオルガン編集

ホールの開館以前よりパイプオルガン設置の構想が存在し、ハーモニーホールふくいのパイプオルガンは2004年3月に完成した。ドイツのオルガン製作所、カール・シュッケ社[4]である。同年5月8日にウェストミンスター大聖堂の首席オルガン奏者ジェームス・オドンネル英語版を招聘して、お披露目リサイタルが開催された[5]

  • 高さ約10m×幅約11m×奥行き約5.4m(水平トランペット)[6]
  • パイプ数:5014本[6]
  • ストップ数:70ストップ + グロッケンシュピール[6]
  • 鍵盤数:第1~第4手鍵盤 各61鍵、ペダル:32鍵[6]
  • 調律法:平均律[6]
  • 残響時間:2.0秒(満席時) - 2.2秒(空席時)[7]

小ホール編集

座席数は610席(1階 340席、2階 182席、合唱席 82席、車椅子対応席 6席)。ホールは基本的に音楽専用ホールだが、室内楽から講演会、映画会まで、多様な催しに対応できる。

練習室編集

練習室は大小6室あり、うち3室には高い遮音性能を持つ、浮き遮音構造を採用。

建築概要編集

交通アクセス編集

関連項目編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2007年9月23日付福井新聞朝刊3面
  2. ^ a b c d 2007年9月20日付福井新聞朝刊5面
  3. ^ いつかはここで生演奏を聞いてみたい世界の非常に美しいコンサート・ホール25選”. dailynewsagency.com (2012年5月13日). 2017年4月21日閲覧。
  4. ^ 季刊ブンカ VOL.12 SPRING2004”. (財) 福井県文化振興事業団. 2012年2月13日閲覧。
  5. ^ 県政リポート「県立音楽堂に待望のパイプオルガンが完成」」、『グラフふくい 平成16年6月号』、福井県広報課、 10-11頁、2017年4月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「ハーモニーホールふくい」のパイプオルガン”. (財) 福井県文化振興事業団. 2012年2月13日閲覧。
  7. ^ a b ハーモニーホールふくい - Fact sheet (PDF)”. 永田音響設計. 2012年2月13日閲覧。
  8. ^ a b c 永田音響設計News 97-10”. 永田音響設計 (1997年10月25日). 2012年2月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Nikken Project - Cultural: Music Hall - Harmony Hall Fukui” (英語). 日建設計. 2012年2月13日閲覧。
  10. ^ アーツセンター情報 10月号-No.030 北陸・中部”. 一般財団法人 地域創造. 2017年4月27日閲覧。
  11. ^ 作品紹介 - コンサートホール・劇場・講堂: ハーモニーホールふくい”. 永田音響設計. 2012年2月13日閲覧。

外部リンク編集