福井県道107号泊小浜停車場線

日本の福井県の道路
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
福井県道107号標識

福井県道107号泊小浜停車場線(ふくいけんどう107ごう とまりおばまていしゃじょうせん)

路線概要編集

小浜市北部の内外海半島の先端附近の泊集落と小浜駅を結ぶ役割を担っている。さらに内外海半島の根本附近から分岐し久須夜ヶ岳山頂付近まで至る、2002年平成14年)まで有料道路であった久須夜ヶ岳エンゼルラインの区間(全長10.5km)も含む[1]。内外海半島を走る県道はこの一本しかなく、かなり広い半島のためこの県道が重要な道路となっている。また接続している県道が全て主要地方道という変わった側面を持つ県道でもある。

路線データ編集

道路状況編集

起点附近は住宅地の細々とした道だが、集落の終わりから国道162号交差点までは片側一車線でトンネルもある走りやすい道である。しかし小浜市街で一度国道162号と分岐し細い路地に入り、離合困難な軒先すれすれの狭路に変貌する。案内無しの右左折もあり、道自体の悪さも相まって非常に走りにくい区間である。再び国道162号と重複し、すぐに分岐してからは近年作られた区間であり、片側一車線、右折レーン歩道も設けられた高規格な道路となっている。この走りやすい区間を抜け再び国道162号と重複すると終点の小浜駅までそのままである。

久須夜ヶ岳エンゼルラインからは、小浜湾若狭湾越前岬常神半島青葉山を一望できる[1]ほか、晴天時には丹後半島白山連峰も見えることがある[1]。ただし、冬季(12月1日頃 - 3月31日)および夜間(19:00 - 翌7:00)は閉鎖されている[1]

接続道路編集

沿線編集

  • JR小浜駅(終点)
  • 北前船船頭屋敷跡 千石荘

脚注編集

  1. ^ a b c d 久須夜ヶ岳エンゼルライン”. ニッポン旅マガジン. 一般社団法人プレスマンユニオン. 2019年7月22日閲覧。

関連項目編集