福井県道245号永平寺線

日本の福井県の道路
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
福井県道245号標識

福井県道245号永平寺線(ふくいけんどう245ごう えいへいじせん)は福井県吉田郡永平寺町内にある国道寺院を結ぶ一般県道である。

目次

路線概要編集

曹洞宗大本山永平寺と国道を結ぶ役割を担う県道である。指定区間は非常に短く福井県道の中でも屈指である。参道をそのまま県道指定している点が特徴的な県道である。ちなみに道は永平寺で終わるわけではなく、そこまでしか指定されていないというだけであり、さらに奥の永平寺ダムまで続いている。

路線データ編集

道路状況編集

上記した通り、参道をそのまま県道指定しているため、歩行者が非常に多い。全線片側一車線が確保されているが、寺院が大佛寺山の中腹にあるため、勾配は急である。道の両側に土産物屋やおろし蕎麦屋が軒を連ねており、歴史的な寺院の雰囲気をかもし出している。永平寺に参るためには必ずこの県道を通らなくてはならないため、連休などには非常に混雑するので参拝の際には注意が必要である。

接続道路編集

沿線編集

関連項目編集