メインメニューを開く

福井 雄三(ふくい ゆうぞう、1953年(昭和28年)7月 - )は、日本の歴史学者東京国際大学教授。専攻は国際政治学日本近代史

福井 雄三
(ふくい ゆうぞう)
人物情報
生誕 1953年7月
鳥取県倉吉市
学問
学派 東京大学法学部卒業、法学士
研究分野 国際政治学日本近代史
研究機関 大阪青山短期大学東京国際大学
特筆すべき概念 司馬史観批判
主要な作品歴史小説の罠』(2013年)
テンプレートを表示

鳥取県倉吉市生まれ。東京大学法学部卒。卒業後、ハザマにて勤務。1991年(平成3年)退職し、1992年(平成4年)大阪青山短期大学助教授、2012年(平成24年)4月より東京国際大学教授

目次

歴史観編集

ノモンハン事件
SAPIO』(2009年11月11日号)にて「ノモンハン事件は実は日本軍の大勝利だった」「(司馬遼太郎の)司馬史観というのは、東京裁判史観の掌の上で踊らされていた」との主張を展開した[1]
陸軍悪玉論海軍善玉論
戦後、海軍出身の作家らによって広がったこれらの説が間違っていたと主張。特に、山本五十六を批判している[2]
日独伊三国同盟
同条約とこれを推進した松岡洋右に対する評価は一般的には悪いが、独ソ戦が開始するとすぐに「ソ連を攻撃するように」と昭和天皇に直訴した行動を絶賛している。ドイツ軍と共にソ連を東西で挟撃していれば日本は第二次世界大戦の勝者となり、戦後に起きた共産主義の悲劇はなかったはずだと主張している[3]

著作編集

著作に関しては研究業績一覧を参照。

図書編集

  • 『現代世界と政治』学術図書出版社、1996年5月。ISBN 4-87361-482-1 - 参照文献:pp.148-149。
  • 『「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 明治と昭和の虚像と実像』主婦の友インフォス情報社(出版) 主婦の友社(発売)、2004年10月20日。ISBN 4-07-244050-7
    • 『「坂の上の雲」に隠された歴史の真実』主婦の友インフォス情報社(出版) 主婦の友社(発売)、2007年11月21日、改訂。ISBN 978-4-07-258856-7 - 福井 (2004)の改訂。
  • 『司馬遼太郎と東京裁判 司馬歴史に潜む「あるイデオロギー」』主婦の友インフォス情報社(出版) 主婦の友社(発売)、2006年8月。ISBN 4-07-253190-1
  • 『板垣征四郎と石原莞爾 東亜の平和を望みつづけて』PHP研究所、2009年4月22日。ISBN 978-4-569-70736-5 - 文献あり。
  • 『日米開戦の悲劇 ジョセフ・グルーと軍国日本』PHP研究所、2012年3月13日。ISBN 978-4-569-80309-8 - 文献あり。
  • 『世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊』PHP研究所、2013年2月22日。ISBN 978-4-569-80861-1 - 文献あり。
    • 『世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊』PHP研究所〈PHP文庫〉、2015年6月1日。ISBN 978-4-569-76354-5 - 2013年刊を加筆・修正。
  • 『よみがえる松岡洋右 昭和史に葬られた男の真実』PHP研究所、2016年2月22日。ISBN 978-4-569-82987-6

共著編集

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 福井 2009e
  2. ^ 自著『日米開戦の悲劇 ジョセフ・グルーと軍国日本』の中で、中川八洋の『山本五十六の大罪』などを引用しながら持論を展開。
  3. ^ 自著『板垣征四郎と石原莞爾』を参照。ソ連やスターリンに関しては『世界最強だった日本陸軍』においても論じている。

関連文献編集

関連項目編集

関連人物編集

外部リンク編集