メインメニューを開く

福光寛 - Researchmap(ふくみつ ひろし、1951年 - )は日本経済学者。専門は証券市場論、金融論。

目次

略歴編集

学歴編集

  • 1973年3月 - 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1981年3月 - 慶應義塾大学大学院経済学研究科単位取得退学

職歴編集

  • 1977年4月 - 国立国会図書館参事
  • 1990年7月 - 国立国会図書館調査員主査
  • 1992年4月 - 立命館大学経済学部助教授
  • 1995年4月 - 立命館大学経済学部教授(同大学院経済学研究科教授を兼務)
  • 1998年4月 - 成城大学経済学部教授(同大学院経済学研究科教授を兼務)

著作編集

  • 福光寛『金融自由化時代の証券市場』日本経済評論社、1986年。ISBN 4-8188-0117-8
  • 福光寛『金融規制緩和の経済学』日本経済評論社、1990年。ISBN 4-8188-0421-5
  • 『社会常識としての経済学』(日本経済評論社, 1992年)
  • 福光寛『銀行政策論』同文舘出版、1994年。ISBN 4-495-43041-6
  • 福光寛『新訂社会常識としての経済学』日本経済評論社、1994年。ISBN 4-8188-0710-9
  • 福光寛『証券分析論』中央経済社、1997年。ISBN 4-502-62965-0
  • 福光寛『金融排除論-阻害される消費者の権利と金融倫理の確立』同文舘出版、2001年。ISBN 4-495-43641-4
  • 福光寛/井村進哉/王東明共編著 コーポレート・ガバナンスの社会的視座. 日本経済評論社. (2002). ISBN 4-8188-1462-8. 
  • 福光寛/高橋元共編著『ベーシック証券市場論』同文舘出版、2004年。ISBN 4-495-43751-8
  • 福光寛/高橋元共編著『ベーシック証券市場論改定版』同文舘出版、2007年。ISBN 978-4-495-43752-7

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ プリンストン債事件に関係した Princeton Economics International Ltd. の元役員

外部リンク編集