メインメニューを開く

福原 峰夫(ふくはら みねお、1957年9月20日[注 1] - )は、日本東京都墨田区出身[注 2]の元プロ野球選手内野手)、プロ野球コーチ

福原 峰夫
Mineo fukuhara.jpg
横浜DeNAベイスターズコーチ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都墨田区
生年月日 (1957-09-20) 1957年9月20日(61歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1981年 ドラフト外
初出場 1982年4月6日
最終出場 1992年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

現役時代は、NPBパシフィック・リーグ阪急ブレーブス1989年からオリックス・ブレーブス、1991年からオリックス・ブルーウェーブ)一筋で二塁手として主に守備で活動。好守備を見せた[2]一方で、打撃面でも意外性を持っていた[3][5]。引退後は、オリックスをはじめ、日本(NPB)・韓国KBO)各球団でコーチを歴任。

選手時代の愛称は「ミネ」または「ちん[注 3]

目次

経歴

現役時代

修徳高等学校法政大学社会人野球日本通運[注 4]を経て、1981年のプロ野球シーズンオフに阪急へドラフト外入団

1984年パ・リーグ優勝時の正二塁手[1]。リーグ公式戦には、自己最多の120試合に出場[2][3]日本シリーズでは全7試合に先発出場し、26打数5安打7打点、うち満塁本塁打[1](第6戦の決勝打[1])を含む2本塁打、勝利打点2を挙げるなど活躍した[注 5]。同年以外は公式戦100試合以下の出場にとどまり[2]、規定打席に至っては一度も到達しなかった[4][5]1985年には岩本好広村上信一とのポジション争いで出場機会が減少、1986年からは福良淳一がレギュラーに定着し、以降のシーズンは控えに回ることが多かった。1992年限りで現役引退[注 6]

引退後

引退後も引き続き球団に残り、1993年から1994年まで二軍[注 7]内野守備・走塁コーチ、1995年から1998年まで一軍内野守備・走塁コーチ[注 8]1999年は一軍守備コーチを務めた[注 9][注 10]

2000年から2001年まで中日ドラゴンズセントラル・リーグ)で二軍[注 7]守備・走塁コーチ、2002年は一軍内野守備・走塁コーチを務めた[注 11]

2003年サンテレビ野球解説者[注 12]デイリースポーツ野球評論家として活動。

2004年から2006年まで阪神タイガース(セ・リーグ)で一軍内野守備・走塁コーチを務めた[注 13]

2007年から2009年まで韓国プロ野球(KBO)SKワイバーンズで一軍守備コーチを務めた[注 14][注 15]

2010年は日本へ帰国、NPBパ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスで一軍内野守備・走塁コーチに就任する[6][22][注 16]が、5月11日、永池恭男と入れ替わるかたちで、二軍[注 17]の内野守備走塁コーチに転属[22][24]。同年シーズン限りで退団[22][25]

2011年にSKへ一軍内野守備コーチとして復帰[26][注 15]。4月11日、二軍へ異動[27]後、8月にチームを退団[28]2012年より同じくKBOのハンファ・イーグルスへ移籍し一軍守備コーチに就任[29]。同年5月、二軍守備コーチへ異動[注 18]2016年はSK一軍守備コーチを務めた[31][注 15]

2017年にNPBセ・リーグの横浜DeNAベイスターズ二軍[注 17]野手総合コーチへ就任[注 19]2018年より内野守備・走塁コーチを兼任[8]したが、同年シーズン限りで退任[32]

人物・エピソード

  • 野球は高校でやめるつもりでいたが当時の修徳高野球部・渡辺部長の強い勧めで仕方なく大学に進学。大学時代は鴨田監督の選手起用の仕方に不満を持つ。気性の激しい性格という事もあり、かなり反抗的な態度をとっていた。社会人時代も大学と同じく控え選手でいた事に不満がつのり周りに変わり者だと言われる事で監督や先輩等に不満を持っていた[33]
  • 阪神タイガースでコーチをしていた時、関本賢太郎は「自分には自分のやり方がある」と言い福原の指導には従わなかった。当時監督をしていた岡田彰布和田豊とも守備や指導方法の考えは正反対で対立していた。また当時、3塁のベースコーチをしていた際に壊れた信号機といわれたり、ベンチからのサインの内容を忘れ、選手に直接聞く場面が幾度かあった、2005年からは1塁ベースコーチに移動。[34][35]
  • 1981年当時阪急のスカウトをしていた矢野に福原の肘痛という特病について調子はどうだ?との問いに、大丈夫です!とプロ入り最後のチャンスだと思い大嘘をついた[36]
  • 俳優の美木良介とは、法政大学野球部の同期。
  • 法政大学では江川卓の2年後輩であり、江川世代の卒業後は東京六大学リーグ優勝には届かなかった。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1982 阪急
オリックス
33 14 12 3 4 2 0 0 6 3 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .333 .429 .500 .929
1983 24 21 19 5 6 0 0 1 9 2 0 1 0 0 2 0 0 4 1 .316 .381 .474 .855
1984 120 263 220 31 59 7 0 6 84 22 2 3 15 3 24 0 1 48 5 .268 .339 .382 .721
1985 66 137 117 20 25 3 0 8 52 17 1 4 4 1 13 0 2 23 3 .214 .301 .444 .745
1986 75 29 26 2 4 0 1 0 6 1 0 0 1 0 2 0 0 7 0 .154 .214 .231 .445
1987 91 41 34 8 5 3 0 0 8 1 1 0 1 0 6 0 0 11 2 .147 .275 .235 .510
1988 59 59 51 11 11 2 0 0 13 2 1 0 1 0 7 0 0 21 3 .216 .310 .255 .565
1989 73 84 70 9 14 4 0 0 18 3 1 0 3 0 11 0 0 24 2 .200 .309 .257 .566
1990 95 161 133 17 29 3 2 3 45 16 1 0 7 1 20 0 0 26 7 .218 .318 .338 .656
1991 10 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .200 .000 .200
1992 26 17 17 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .059 .059 .059 .118
NPB通算:11年 672 831 703 107 158 24 3 18 242 67 7 8 32 5 88 0 3 175 23 .225 .312 .344 .656
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

記録

背番号

  • 40 (1982年 - 1992年)[注 21]
  • 80 (1993年 - 2002年、2010年)[注 22]
  • 85 (2004年 - 2006年)[注 23]
  • 87 (2007年 - 2009年、2011年、2016年)[注 24]
  • 88 (2012年)[29]
  • 86 (2017年 - 2018年)[注 25]

関連情報

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 参考:[1]
  2. ^ 参考:
  3. ^ 参考:
    • ミネ…1985年[9]
    • ちん…1989年2月、1990年2月、1991年2月、1992年2月、発売のオリックスバファローズ選手名鑑[要文献特定詳細情報]「福原峰夫」プロフィールに記載。
  4. ^ 資料によっては「日通浦和」と記載される場合あり。参考:選手時代の名鑑…1985年[9]
  5. ^ 1984年日本シリーズで満塁本塁打を打ったことについては、次の資料も参照[2][3][4][5]
  6. ^ 1982年から1992年まで阪急・オリックスに内野手として在籍していたことについては、次の資料を参照[10]
  7. ^ a b ウエスタン・リーグ加盟。
  8. ^ 1995年より一軍内野守備・走塁コーチへ転身したことは次の資料を参照[11]
  9. ^ 1999年当時の役職…[5][12]
  10. ^ 1993年から1994年までオリックス二軍コーチとして、1995年から1999年まで一軍コーチとして在籍していたことについては、次の資料を参照[10]。コーチとしての在任期間は次の資料も参照[13]
  11. ^ 2000年から2001年まで中日二軍コーチ、2002年に中日一軍コーチとして在籍していたことについては、次の資料を参照[14]。コーチとしての在任期間は次の資料も参照[13]
  12. ^ a b 参考:2003年当時のサンテレビ公式サイト[15][16][17]
  13. ^ 2004年から2006年まで阪神一軍コーチとして在籍していたことについては、次の資料を参照[18]。コーチとしての在任期間は次の資料も参照[13]
  14. ^ 参考:
  15. ^ a b c SKコーチとしての在任期間は、次の資料も参照[13]
  16. ^ 2010年に楽天一軍コーチとして在籍していたことについては、次の資料も参照[23]。同年にコーチだったことは、次の資料も参照[13]
  17. ^ a b イースタン・リーグ加盟。
  18. ^ 参考:
    • ハンファ二軍守備コーチへの異動時期について
    • ハンファコーチとしての在任年度は次の資料も参照[13]
  19. ^ 参考(DwNAコーチ就任年度、就任時の肩書)…[7][13]
  20. ^ 初出場の年月日・対戦相手・球場については、次の資料を参照[11]
  21. ^ 次の資料を参照[37][38]
  22. ^ 2002年までは次の資料を[37][38]、2010年は次の資料を[6][38]参照。
  23. ^ 次の資料を参照[37][38]
  24. ^ 参考:
  25. ^ 参考:

出典

  1. ^ a b c d e 『日本プロ野球歴代全選手写真名鑑』(『B.B.MOOK』1144。2015年4月15日発売、ベースボール・マガジン社発行。コード:ISBN 978-4583622217)P173掲載のプロフィール
  2. ^ a b c d e 『'96プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1996年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P108
  3. ^ a b c d 『'97プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1997年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P109
  4. ^ a b c 『'98プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1998年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P123
  5. ^ a b c d e 『'99プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1999年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P137
  6. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2010』(『廣済堂ベストムック』151号。『ホームラン』特別編集。2010年2月17日発売、廣済堂あかつき発行。コード:ISBN 4331801543)P144
  7. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2017』(『廣済堂ベストムック』350号。『ホームラン』特別編集。2017年2月20日発売、廣済堂出版発行。コード:ISBN 978-4331803554)P163
  8. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2018』(『廣済堂ベストムック』380号。2018年2月20日発売、廣済堂出版発行。コード:ISBN 978-4331803851)P159
  9. ^ a b 『週刊ベースボール』1985年2月25日号「'85プロ野球全選手写真名鑑」(第40巻・第8号、通算1511号。同年月日、ベースボール・マガジン社発行)掲載「福原峰夫」プロフィール(阪急の内野手として紹介 ※2014年に同社から発行された『日本プロ野球80年史』の初回生産分限定復刻版にも掲載)
  10. ^ a b 『日本プロ野球80年史 1934-2014』記録編に収録された、阪急→阪急ブレーブス→オリックス・ブレーブス→オリックス・ブルーウェーブ→オリックス・バファローズの年度別メンバー表を参照。
  11. ^ a b 『週刊ベースボール』1995年2月27日号「95プロ野球全選手名鑑号」(第50巻第8号通算第2101号。1995年2月27日、ベースボール・マガジン社発行)より、「保存版 95プロ野球全選手写真名鑑」掲載の「福原峰夫」プロフィール(オリックスの一軍内野守備・走塁コーチとして紹介 ※2014年に同社から発行された『日本プロ野球80年史』の初回生産分限定復刻版にも掲載)
  12. ^ 1999年度当時の日刊スポーツウェブサイトより、'99プロ野球12球団陣容(インターネットアーカイブ同5月8日付保存キャッシュ)→オリックス・ブルーウェーブメンバー表(インターネットアーカイブ2000年5月30日付保存キャッシュ)を参照。
  13. ^ a b c d e f g h 2017年シーズン 横浜DeNAベイスターズコーチングスタッフ・コーチ契約について - 横浜DeNAベイスターズ公式サイト内2016年10月31日付ニュースリリース
  14. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』記録編に収録された、名古屋→産業→中部日本→中日ドラゴンズ→名古屋ドラゴンズ→中日ドラゴンズの年度別メンバー表を参照。
  15. ^ 2003年4月当時のサンテレビ公式サイト内『サンテレビボックス席』番組情報ページ(4月の放送予定表)(インターネットアーカイブ同15日付保存キャッシュ) ※同15日(オリックス対日本ハム)・19日(阪神対横浜)・30日(オリックス対近鉄)の放送予定分に解説者として福原の名が記載(19日のみ、「福原峯夫」と明記)。
  16. ^ 2003年6月当時のサンテレビ公式サイト内『サンテレビボックス席』番組情報ページ(6月の放送予定表)(インターネットアーカイブ同18日付保存キャッシュ) ※同6日(ヤクルト対阪神)の放送予定分に解説者として福原の名が記載。
  17. ^ 2003年8月当時のサンテレビ公式サイト内『サンテレビボックス席』番組情報ページ(7・8月の放送予定表)(インターネットアーカイブ同10日付保存キャッシュ) ※7月1日(阪神対中日)・19日(阪神対広島)・22日(阪神対ヤクルト)・28日(オリックス対日本ハム)・8月1日(阪神対中日)・5日(阪神対中日ウェスタン・リーグ公式戦)・10日(広島対阪神)・16日(オリックス対西武)・26日(阪神対巨人)・30日(阪神対ヤクルト)の放送予定分に解説者として福原の名が記載(8月16日分のみ、13日と誤記)。
  18. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』記録編に収録された、大阪タイガース→阪神→大阪タイガース→阪神タイガースの年度別メンバー表を参照。
  19. ^ a b 2007年当時のSKワイバーンズ監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同8月30日付保存キャッシュ)
  20. ^ a b 2008年当時のSKワイバーンズ監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同9月20日付保存キャッシュ)
  21. ^ a b 2009年当時のSKワイバーンズ監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同4月21日付保存キャッシュ)
  22. ^ a b c ブラウン腹心コーチも解任、福原コーチは退団へ - 『スポニチアネックス』2010年9月30日21時16分(インターネットアーカイブ2015年9月24日付保存キャッシュ)
  23. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』記録編に収録された、東北楽天ゴールデンイーグルスの年度別メンバー表を参照。 ※シーズン途中の転属(二軍コーチ就任)については反映されず。
  24. ^ コーチ人事について - 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト内2010年5月11日付ニュースリリース
  25. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2011』(『廣済堂ベストムック』169号 『ホームラン』特別編集。2011年2月20日、廣済堂あかつき発行。コード:ISBN 4331801721)P123に掲載された、楽天の退団・現役引退者リスト
  26. ^ a b 2011年当時のSKワイバーンズ監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同9月2日付保存キャッシュ)
  27. ^ [1]
  28. ^ [2]
  29. ^ a b c 2012年当時のハンファ・イーグルス監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同11月11日付保存キャッシュ)
  30. ^ 한화이글스, 코칭스탭 보직 변경…한용덕 수석-김용달 타격 - 아주경제 - 2012年5月12日配信(『archive.is』2015年9月24日付保存キャッシュ) ※韓国語
  31. ^ a b 2016年当時のSKワイバーンズ監督・コーチ・選手一覧 - 『Strike Zone』より(インターネットアーカイブ同5月1日付保存キャッシュ)
  32. ^ DeNA福原コーチが退任、辞任申し入れを受け - プロ野球 - 『nikkansports.com』(日刊スポーツ電子版)2018年10月5日17時13分配信
  33. ^ 週刊ベースボール 1982, p. 122。コードJP番号00010887[要文献特定詳細情報].
  34. ^ 週刊ベースボール 2004, p. 107[要文献特定詳細情報].
  35. ^ 『月刊タイガース』2004年2月号P68
  36. ^ 週刊ベースボール 1982, p. 123。ベースボール・マガジン社発行。コードJP番号00010887[要文献特定詳細情報].
  37. ^ a b c 『ベースボールマガジン』2006年夏季号(第30巻・第3号・通巻167号。2006年7月1日、ベースボール・マガジン社発行)に掲載された、NPB球団別背番号年表(1950年から2006年シーズン途中までのNPB全球団における、年度毎の背番号別メンバー一覧表)。
  38. ^ a b c d 『日本プロ野球背番号大図鑑 球団別全背番号年表 1936→2013』(『BB MOOK』892。2013年2月1日、ベースボール・マガジン社発行。コード:ISBN 978-4583619354)に掲載された、NPB球団別背番号年表(1936年から2012年シーズンまでのNPB全球団における、年度毎の背番号別メンバー一覧表)。

参考資料

関連項目

外部リンク