メインメニューを開く

福居良

日本のジャズピアニスト、アコーディオン奏者 (1948-2016)

福居 良(ふくい りょう、1948年6月1日 - 2016年3月15日)は、日本ジャズピアノ奏者、アコーディオン奏者。

福居 良
Ryo Fukui
Ryo Fukui.png
基本情報
生誕 1948年6月1日
出身地 日本 北海道 平取町
死没 2016年3月15日
ジャンル モダンジャズ
職業 ジャズピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1970年代 - 2016年
公式サイト [1]

美しい旋律のオリジナル曲と、力強くスウィング感あふれるビ・バップスタイルの演奏で多くのファンを魅了してきた[1]1995年札幌市にライブハウス「スローボート」を開店しそこを拠点に全国で活動。2012年にはジャズピアニストとして初めて札幌文化奨励賞を受賞した。バリー・ハリスを師と仰ぎ長年にわたって交流を重ねた。

目次

略歴編集

1948年、北海道沙流郡平取町に生まれる[2]。18歳でアコーディオン、22歳でピアノを始める。

幼少期、民謡演奏家で全盲の多才な旅芸人であった父親の福居天道と母親と共に旅一座としての経験を踏んだ。小学校入学後は平取町の実家に居住していたが、小学校4年の時に札幌市に定住の決まった両親と共に札幌市に移住。当初、父親は芸人やバンドマンになることを反対したが、両親の仕事仲間の奏者が足りなくなり18歳で両親の仕事を手伝うためにアコーディオンを演奏するようになる。その後、東京に移りアコーディオン演奏の技術を高めた後に再び札幌市に戻ってタンゴバンドなどでアコーディオンを極めていくが、時代と共に仕事が無くなってきた。

ちょうどその頃、父親の勧めでピアノを学ぶ機会を得た。22歳でレコードを聴きながらコピーするなど独学でピアノを学び始めた。技術を磨く為に東京に移り、研鑽の日々を送った。その後、著名なテナーサックス奏者の松本英彦のバンドに加入することにり、厳しい指摘に挫折を味わうこともあったが、当時バークレーなどで学んで帰国した渡辺貞夫の講習などに積極的に参加して理論を習得し、ジャズピアニストとしての才能と自信を高めていった。27歳で札幌市に戻った後、自分のトリオを結成して1stアルバム『Scenery』で全国デビュー。その後複数のアルバムを発表しながら、東京ピットイン、名古屋ラブリーなど全国に活躍の場を広げていった。そして海外での活動も始めた頃、生涯の師となるバリー・ハリスと出会う。

1995年6月に札幌市すすきのにジャズクラブ「スローボート(Slow Boat)」を開店。バリー・ハリスをはじめ、リロイ・ウィリアムズ英語版(ds)、ライル・アトキンソン英語版(b) などバップの真髄を伝える一流プレイヤーとの交流を深め、4thアルバム『Ryo Fukui in New York』を発表。バップピアニストとしての評価を確立していった。同時に若手のジャズプレーヤーの育成にも尽力し、同店は北海道の重要なジャズ拠点ともなった。

2012年、精力的な演奏活動や後進指導への取り組みが評され、札幌市が「ジャズの街」として魅力を発信する一助となったとして、札幌市より第40回(平成24年度)札幌文化奨励賞を受賞した[2]。なお、父親・福居天童も昭和59年度に札幌市民文化奨励賞を受賞している[2]

2016年3月15日、悪性リンパ腫により68歳で逝去。同年6月にはバリー・ハリスが日本を訪れ、福居の追悼コンサートを開催している[3]

2018年には遺作となったアルバム『A Letter From Slowboat』がアナログ化(レコード化)され発売されると共に、『Scenery』のアナログ盤も再プレスされた[4]

アルバム編集

  • Scenery 1976年
  • Mellow Dream 1977年
  • My Favorite Tune 1994年
  • Ryo Fukui in New York 1999年
  • A Letter From Slowboat 2015年

出典編集

外部リンク編集