メインメニューを開く

福山ダービー(ふくやまダービー)とは福山市競馬事務局が福山競馬場ダート1800メートルで施行していた地方競馬重賞競走である。福山競馬場でデビューした3歳馬による競走[1]

福山ダービー
競馬場 福山競馬場
創設 1974年3月10日
距離 ダート1800m
格付け 重賞
賞金 1着賞金150万円
賞金総額202万5000円
出走条件 サラブレッド系3歳・中国所属
負担重量 56kg牝馬54kg
テンプレートを表示

2011年までの正式名称は「日刊スポーツ杯 福山ダービー」で、日刊スポーツ新聞社が優勝杯を提供。2013年は「広島県馬主会会長杯 福山ダービー」として施行[1][2]。廃止時の負担重量は定量で56キログラム、牝馬は54キログラム。廃止時の賞金総額は202万5000円で、1着賞金150万円、2着賞金30万円、3着賞金15万円、4着賞金7万5000円と定められていた。

目次

歴史編集

  • 1974年 - アラブ系4歳(現表記3歳)馬の重賞として創設。福山三冠の第1戦に位置付けられる。
  • 2005年 - アラブ系競走馬の補助金不正受給事件をうけ、開催時期が5月22日から[3]6月12日に変更された。
  • 2007年 - 福山競馬場のサラブレッド導入にあたり、出走条件がアラブ系からサラブレッド系へと変更される。アラブ系競走馬に対しては福山アラブダービーが設けられる。
  • 2008年 - この年のみ、1600mの競走距離で施行。
  • 2011年 - 牡馬とせん馬が1頭も出走しなかった[4]
  • 2013年 - 3月24日の開催をもって福山競馬場が廃止となるため、2か月繰り上げて3月17日に行われ、40年の歴史に幕を下ろした。

歴代優勝馬(2000年以降)編集

馬齢は2001年以降の表記に統一する。

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第27回 2000年4月30日 アレクシア 牝3 福山 2:00.3 藤本三郎 那俄性裕
第28回 2001年5月5日 ユノワンサイド 牡3 福山 2:00.9 石井幸男 番園一男
第29回 2002年5月6日 トモシロトーザイ 牡3 福山 2:02.8 藤本三郎 高本友芳
第30回 2003年5月5日 ユノエージェント 牡3 福山 2:00.1 嬉勝則 番園一男
第31回 2004年5月23日 タッカーワシュウ 牡3 福山 2:01.7 鋤田誠二 堀部重昭
第32回 2005年6月12日 チュウオーバロン 牡3 福山 2:03.6 周藤直樹 小嶺英喜
第33回 2006年5月21日 バクシンオー 牡3 福山 1:57:8 野田誠 堀部重昭
第34回 2007年5月20日 モエロアルカング 牡3 福山 2:01.2 岡崎準 江口秀博
第35回 2008年5月18日 サンディナナ 牝3 福山 1:48.3 楢崎功祐 胡本友晴
第36回 2009年5月10日 アグリヤング 牡3 福山 1:59.8 嬉勝則 江口秀博
第37回 2010年5月2日 フォーインワン 牡3 福山 2:00.3 楢崎功祐 松本満夫
第38回 2011年5月1日 ムツミマックス 牝3 福山 1:58.4 池田敏樹 末廣卓己
第39回 2012年5月13日 アグリノキセキ 牡3 福山 1:59.9 三村展久 高本友芳
第40回[2] 2013年3月17日 カイロス 牡3 福山 1:58.0 佐原秀泰 高本友芳

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b NEWS&トピックス「福山ダービーを開催します!」” (日本語). 福山けいば. 福山市 (2013年1月24日). 2013年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 全国競馬情報「3月18日(月)『黒船賞の枠順決まる』ほか」” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2013年3月18日). 2013年6月7日閲覧。
  3. ^ netkeiba ニュース「福山競馬が5月の開催自粛」” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2005年5月11日). 2009年7月9日閲覧。
  4. ^ 樋本輝明 (2011年5月1日). “樋本デスクの福山競馬情報BOX” (日本語). 福山エース. 2013年6月7日閲覧。

外部リンク編集