メインメニューを開く

福山醸造(ふくやまじょうぞう)は、札幌市東区にある企業。創業当初からのシンボル「トモエ印」は、神社アイヌ紋章函館港の印でもあり、普遍性を表している[1]。右肩上がりに発展していく様に縁起を担ぎ、右巻きのトモエ印になっている[1]

福山醸造 株式会社
Fukuyama jozo Co.,Ltd.
Fukuyamajozo-office.JPG
本社外観
種類 株式会社
略称 トモエ
本社所在地 日本の旗 日本
065-0043
札幌市東区苗穂町2丁目4-1
北緯43度04分21秒 東経141度22分57秒 / 北緯43.07250度 東経141.38250度 / 43.07250; 141.38250座標: 北緯43度04分21秒 東経141度22分57秒 / 北緯43.07250度 東経141.38250度 / 43.07250; 141.38250
設立 1943年
業種 食料品
法人番号 9430001014377
事業内容 味噌醤油・加工食品の製造販売
代表者 福山眞司(代表取締役社長)
資本金 8,500万円
従業員数 185人
外部リンク http://www.tomoechan.jp
テンプレートを表示

目次

沿革編集

福山醸造の前身は福井県船問屋(回船問屋)であり、日本国内を巡って各地の産物で商売を行っていた[2]。その中で、北海道大豆の産地であったことが決め手となり、1891年明治24年)に札幌で醤油醸造業「福山商店」を開業した[2]。大正時代になると味噌の製造を始めて経営規模を拡大し、1918年大正7年)には苗穂に工場を建設した[2]。その後、味噌の製造拠点を旭川に移している[2]

  • 1943年昭和18年):「福山食糧工業」に改組。
  • 1951年(昭和26年):「トモエ醤油」と改称。
  • 1955年(昭和30年):「福山醸造」と改称。
  • 1972年(昭和47年):味噌の製造を「北海道味噌」に移管。
  • 1974年(昭和49年):醤油の製造を「北海道醤油」に移管。 
  • 1990年平成02年):現在地に本社移転。
  • 1991年(平成03年):創業100周年。
  • 2003年(平成15年):「ISO 9001:2008」認証取得。
  • 2004年(平成16年):醤油工場が「札幌苗穂地区の工場・記念館群」として「北海道遺産」認定[3]
  • 2007年(平成19年):醤油工場が「札幌市の醤油醸造関連遺産」として「近代化産業遺産」認定[4]
  • 2014年(平成26年):本社社屋に直売所(現在のトモエ醤油味噌本店)オープン。

事業所編集

商品編集

「北海道産丸大豆しょうゆ」「道産素材北海道丸大豆醤油」は「道産食品独自認証制度」(きらりっぷ)認証品になっている[5]

しょうゆ

  • 道民の醤油
  • 日高昆布しょうゆ
  • 北海道こだわりシリーズ しょうゆ

みそ

  • 道民の味噌
  • 田舎みそ
  • 北海道こだわりシリーズ みそ

その他

  • だし
  • おかずみそ・浅漬けの素・こうじ
  • 業務用

関連会社編集

  • 福山倉庫[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 会社概要”. 福山醸造. 2017年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 歴史”. 福山醸造. 2017年5月30日閲覧。
  3. ^ 札幌苗穂地区の工場・記念館群”. 北海道遺産協議会事務局. 2017年5月30日閲覧。
  4. ^ 近代化産業遺産群 33 (PDF)”. 7. 北海道における近代農業、食品加工業などの発展の歩みを物語る近代化産業遺産群. 経済産業省. pp. 30-33. 2017年5月30日閲覧。
  5. ^ 道産食品独自認証制度(きらりっぷ)認証品一覧 (PDF)”. 北海道. 2017年5月30日閲覧。
  6. ^ 福山倉庫”. 2017年5月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集