メインメニューを開く

福岡女学院大学短期大学部

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 福岡女学院大学短期大学部における建学の精神は「神を畏れ奉仕に生きる、良き社会人としての女性の育成」となっている。

教育および研究編集

  • 福岡女学院大学短期大学部は現在、英語科のみをおいている。英語に関する専門科目ほか「エアライン講座」や「秘書検定講座」などビジネス系の科目もある。一般教育科目では「聖書概説」がある。ほか、アメリカイギリスオーストラリアなどでの短期海外語学研修も行われている。

学風および特色編集

  • 福岡女学院大学短期大学部は、キリスト教思想をベースとした教育が行われていることから、クリスマス礼拝など宗教的行事も行われている。
  • 朗読コンテスト・英語伸張度測定試験・クラス編成試験が行われている。
  • 「グレープカップコンテスト」と称した英語暗誦コンテストを主催している。

沿革編集

  • 1885年 - 英和女学校が創設される。
  • 1964年 - 福岡女学院短期大学(ふくおかじょがくいんたんきだいがく)として開学。
  • 1985年 - 国文科を増設:学生数 104[注 2][1][3]
  • 1993年 - 家政科を生活学科に改称[4]
  • 1999年 - 福岡女学院大学短期大学部に改称。
  • 2001年 - 生活学科および国文科が正式に廃止される[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 福岡市南区曰佐3-42-1

交通アクセス編集

象徴編集

  • 福岡女学院大学短期大学部のカレッジマークは葡萄の房をイメージしており、これはヨハネによる福音書聖書にある言葉に由来したデザインとなっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 英語科
過去にあった学科編集

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

  • 福岡女学院大学短期大学部のクラブ活動は現在、大学とほぼ合同で実施されている。

学園祭編集

  • 福岡女学院大学短期大学部の学園祭は「葡萄祭」と呼ばれ毎年、おおむね10月に行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 短期大学部独自のキャンパスはなく、すべて大学と共同使用されている。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 公開講座がある。

卒業後の進路について編集

参考文献編集

福岡女学院短期大学に関する書物編集

  • 『創立100周年記念 1885-1985』(福岡女学院100年史)
  • 『福岡女学院105年史』:1990年発行

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c 出典:『全国学校総覧
  2. ^ a b 昭和40年度版35頁より。
  3. ^ 昭和61年度版70頁より。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』188頁「福岡女学院大学短期大学部」の項より。

注釈編集

  1. ^ a b c 学生募集は1998年入学生で最終。2001年12月20日付けで正式廃止。
  2. ^ a b c 5月1日時点での学生数。
  3. ^ いずれも1998年度入学生まで。

公式サイト編集