メインメニューを開く

福岡市立こども病院は、福岡県福岡市東区香椎照葉五丁目にある病院

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 福岡市立こども病院
福岡市立こども病院
情報
正式名称 地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市立こども病院
英語名称 Fukuoka Children's Hospital
前身 福岡市荒津病院
福岡市立こども病院・感染症センター
標榜診療科 総合診療科、循環器科、小児神経科、腎疾患科、内分泌・代謝科、血液・免疫科、小児感染症科、新生児科、こころの診療科、放射線科、心臓血管外科、小児外科、整形外科、脊椎外科、形成外科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、産科、皮膚科、脳神経外科、麻酔科、集中治療科
許可病床数 233[1]
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 独立行政法人福岡市立病院機構
管理者 原 寿郎(院長)
開設年月日 1980年(昭和55年)9月1日
所在地
813-0017
福岡市東区香椎照葉五丁目1番1号
位置 北緯33度39分48.8秒 東経130度25分0.6秒 / 北緯33.663556度 東経130.416833度 / 33.663556; 130.416833
PJ 医療機関
テンプレートを表示

神戸市以西で唯一の小児専門の高度医療機関である[1]

周産期センター(56床)とICU・小児一般病棟(117床)で構成される。

沿革編集

1980年(昭和55年)に福岡市立こども病院・感染症センターとして福岡市中央区唐人町に開院した。

2002年12月に福岡市病院事業運営審議会が福岡市長に提出した答申では、こども病院・感染症センターは建物の老朽化・狭隘化が進んでおり、同じく市立の福岡市民病院とともに小規模でスケールメリットが発揮しづらい事から、両病院を統合し一体的に整備することを求めた[2]。これを受けた福岡市は、アイランドシティを建設候補地として市立病院を統合する方針を2003年9月に決定し、2005年12月に「新病院基本構想」を発表した[3]

2006年の市長選挙で「こども病院のアイランドシティへの移転を見直す」と公約に掲げていた新人の吉田宏が当選した。吉田市長は2007年1月にアイランドシティ事業検証・検討チームを設置し、市立病院の統合・移転事業についても検証・検討させた[4]。2007年12月に発表された検証・検討報告書では、市立病院は小児・周産期医療と感染症医療に特化すべきで、整備場所はアイランドシティが適しているとした[5]

その後、2010年の市長選挙でもこども病院の移転事業が争点となったが、同選挙で吉田を破り新人の高島宗一郎が当選・市長就任したのちの2014年(平成26年)11月1日に唐人町から現在地に移転した。

年表編集

  • 1976年(昭和51年)2月 - 福岡市病院事業運営審議会の答申により開院が決定。
  • 1978年(昭和53年)3月 - 着工。
  • 1980年(昭和55年)8月 - 竣工。
  • 1980年(昭和55年)9月1日 - 「福岡市立こども病院・感染症センター」が開院。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 地方独立行政法人福岡市立病院機構に運営移管。
    • 地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市立こども病院・感染症センター」に改称。
    • 院長の福重淳一郎が法人の理事長に就任。
  • 2012年(平成24年)12月 - 新病棟の建設が開始。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月1日 - 「地方独立行政法人 福岡市立病院機構」の理事長に竹中賢治(福岡市民病院院長)が就任。
    • 8月 - 現在地に新病棟が完成。
    • 11月1日 - 移転を完了し、「福岡市立こども病院」として開院[1]
    • 11月5日 - 診療を開始。
  • 2015年(平成27年)5月1日 - 敷地内の患児家族滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウスふくおか」が利用開始)[6]

診療科編集

施設編集

敷地面積35,000m²、延べ床面積28,411.33m²。6階建てで、ヘリポートを有する。敷地内には450台収容可能な駐車場がある。

  • 6階(屋上)- ヘリポート
  • 5階 - 東病棟・西病棟
  • 4階 - 東病棟・西病棟・屋上庭園
  • 3階 - 手術部(手術室血管造影室)、集中治療センター(小児集中治療室・重症治療室)、周産期センター(産科病棟・新生児集中治療室・新生児回復治療室)
  • 2階 - 管理部門(中央事務室・福岡市立病院機構本部事務局)、講堂(てりはホール)、福岡市立照葉小中学校院内学級)、外来受付
  • 1階 - 総合案内・総合受付、外来受付、検査受付、薬局・院外処方箋、売店、レストラン

交通機関編集

バス
自家用車

旧病棟編集

 
旧病棟(福岡市中央区唐人町)
  • 所在地 - 〒810-0063 福岡県福岡市中央区唐人町二丁目5番1号(地図
  • 医療機能 - 小児医療(地域・高度)、小児救急医療、周産期医療(2011年(平成23年)4月に認定)、感染症医療(成人を含む)
  • 敷地面積 - 約16,900m²
  • 延べ床面積 - 約16,500m²
  • 病床数 - 194床

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 下原知広(2014年11月1日). “福岡市立こども病院:きょう移転 外来診療は5日から”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 福岡市立病院のこれからの役割・ありかたについて (PDF)”. 福岡市病院事業運営審議会 (2002年12月). 2008年1月20日閲覧。
  3. ^ 新病院基本構想 (PDF)”. 福岡市保健福祉局 (2005年12月). 2008年1月20日閲覧。
  4. ^ アイランドシティ整備事業及び市立病院統合移転事業 検証・検討の方針 (PDF)”. 福岡市 (2007年3月). 2008年1月20日閲覧。
  5. ^ 4章 市立病院統合移転事業について (PDF)”. アイランドシティ整備事業及び市立病院統合移転事業 検証・検討報告書. アイランドシティ事業検証・検討チーム (2007年12月). 2008年1月20日閲覧。
  6. ^ 下原知広(2015年3月28日). “福岡市立こども病院:付き添い家族の負担軽減 病院横に宿泊施設が完成”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目編集

外部リンク編集