メインメニューを開く

福岡県第7区(ふくおかけんだい7く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗福岡県第7区
衆議院小選挙区 福岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大牟田市柳川市八女市筑後市みやま市八女郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 藤丸敏
有権者数 299,457人
1.26 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

小選挙区制導入以来、自由民主党古賀誠が連続5選。2005年第44回衆議院議員総選挙までは古賀が対立候補の比例復活すら許さず圧倒的な強さで当選してきたが、2009年第45回衆議院議員総選挙では古賀の元秘書で前八女市長野田国義民主党公認で出馬し、古賀を猛追。しかし、古賀が2万票余りの差をつけて辛くも逃げ切り、野田は比例復活した。2012年第46回衆議院議員総選挙では引退した古賀の後継者である藤丸敏が立候補し初当選、野田は比例復活もできず落選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:301,415人 最終投票率:54.83%(前回比:+6.36ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤丸敏57自由民主党91,477票
57.3%
――公明党推薦
原圭助39希望の党48,190票
30.2%
52.7%
江口学43日本共産党19,953票
12.5%
21.8%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:302,683人 最終投票率:48.47%(前回比:-11.64ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤丸敏54自由民主党95,796票
70.5%
――公明党推薦
江口学40日本共産党40,003票
29.5%
41.8%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:60.11%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤丸敏52自由民主党96,172票
53.6%
――公明党推薦
野田国義54民主党53,647票
29.9%
55.8%国民新党推薦
古賀輝生49みんなの党19,775票
11.0%
20.6%日本維新の会推薦
江口学38日本共産党9,845票
5.5%
10.2%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀誠69自由民主党128,137票
55.0%
――
比当野田国義51民主党104,728票
45.0%
81.7%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀誠65自由民主党112,420票
54.1%
――
中屋大介27民主党75,524票
36.3%
67.2%
大森秀久54日本共産党19,847票
9.6%
17.7%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀誠63自由民主党119,837票
63.6%
――
馬場恵美子52社会民主党49,262票
26.1%
41.1%
大森秀久52日本共産党19,461票
10.3%
16.2%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀誠59自由民主党124,024票
58.1%
――
細谷治通61民主党69,388票
32.5%
55.9%
山田眞一郎51日本共産党17,419票
8.2%
14.0%
山元良夫57自由連合2,520票
1.2%
2.0%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古賀誠56自由民主党90,432票
42.2%
――
塩塚公一46新進党69,305票
32.4%
76.6%
細谷治通57民主党38,885票
18.2%
43.0%
笠原忠雄70日本共産党15,452票
7.2%
17.1%

関連項目編集