メインメニューを開く

福岡県道・熊本県道126号大牟田荒尾線

日本の福岡県と熊本県の道路
荒尾駅前付近の様子
福岡県道126号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
熊本県道126号標識

福岡県道・熊本県道126号大牟田荒尾線(ふくおかけんどう・くまもとけんどう126ごう おおむたあらおせん)は、福岡県大牟田市から熊本県荒尾市に至る一般県道である。

大牟田市白金町2交差点 - 荒尾市四ツ山交差点において、かつては有明海側にある旧道が国道389号国道501号重複)に指定され、当県道はそのまま片側2車線で道なりのルート(通称「十三間道路」)をとっていた。2009年平成21年)4月1日に国道の区域が変更され、十三間道路が国道389号・国道501号との重複となる一方、旧道の国道指定が解除されて当県道の支線となった[1]。さらに、2010年3月31日には旧道の県道指定が解除された[2]

路線データ 編集

路線状況編集

通過する自治体編集

接続する主な道路編集

福岡県
熊本県
  • 国道389号(国道501号重複)(荒尾市荒尾)
  • 国道208号(荒尾市荒尾・荒尾市本村交差点、終点)

重複区間編集

  • 国道389号国道501号重複)
    • 福岡県大牟田市白金町・白金2交差点 - 熊本県荒尾市四ツ山町1丁目・四ツ山交差点[3]
    • 荒尾市荒尾 地内(貝塚バス停留所南方 - 市屋交差点)

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡県公報第2949号(福岡県告示第631号)[リンク切れ]
  2. ^ 福岡県公報第3092号(福岡県告示第616号)[リンク切れ]
  3. ^ 交差点のほぼ中央を県境が通っており、信号機が設置されている場所は熊本県荒尾市であるが、下り線側(荒尾方面行き)の停止線は福岡県大牟田市三里町3丁目にある。

関連項目編集

外部リンク編集