福岡県道245号新北九州空港線

日本の福岡県の道路

福岡県道245号新北九州空港線(ふくおかけんどう245ごう しんきたきゅうしゅうくうこうせん)は、福岡県北九州市小倉南区から京都郡苅田町に至る一般県道である。

一般県道
福岡県道245号標識
福岡県道245号 新北九州空港線
一般県道 新北九州空港線
総延長 8 km
起点 福岡県北九州市小倉南区空港北町【地図
終点 福岡県京都郡苅田町大字苅田【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道25号標識
福岡県道25号門司行橋線
Japanese National Route Sign 0010.svg 国道10号
E10 東九州自動車道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

起点側数十mの区間が政令指定都市である北九州市内にあるが、管理は全線を福岡県が行う。全線が地域高規格道路である新北九州空港道路として整備されている。事業路線名は新北九州空港連絡道路

2006年平成18年)3月16日の北九州空港開港に合わせて3月5日より暫定供用された。北九州空港へアクセスする唯一の道路で、連絡橋部は一般道路扱いで歩道もあり、徒歩で海を渡ることも可能である。

なお、北九州空港開港時までに供用される地域高規格道路部分(高架部)は苅田北九州空港IC接続部0.5 kmと海上区間・空港島区間の3.0 kmのみであり、残る4.5 kmは平面部の臨港道路のみの暫定供用となる。地域高規格道路であるが一般道路扱いであり、2014年現在、橋梁部主要部の制限速度は60 km/hで車道を通行する原付・自転車もあるので要注意。

北九州空港は24時間運用を行うため、連絡橋も空港が閉鎖されない限り通行可能状態を維持する必要があり、連絡橋の状態は福岡県京築県土整備事務所行橋支所から遠隔監視が行われている。

路線データ編集

  • 起点:福岡県北九州市小倉南区空港北町(空港入口交差点、北九州空港東)
  • 終点:福岡県京都郡苅田町大字苅田(東九州自動車道 苅田北九州空港IC
  • 延長:8.0 km
  • 道路規格:第3種第1級(海上部)・第3種第2級(陸上部)

地理編集

 
北九州空港と臨港道路を結ぶ連絡橋

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 交差する場所
福岡県道25号門司行橋線 大字苅田 空港IC入口交差点
国道10号 大字苅田 松山入口交差点
E10 東九州自動車道 大字苅田 1 苅田北九州空港IC / 終点

交差する鉄道編集

沿線にある施設など編集

道路施設編集

橋梁編集

新北九州空港連絡橋
名称 諸元 備考
橋長 2,100 m
陸上側箱桁橋 780 m
主橋梁部 400 m
空港側箱桁橋 920 m
主橋梁部構造 アーチ橋
幅員 計22.0 m 車道部4車線、歩道部片側
完成供用日 2006年3月5日[1]
  • 供用開始から、2015年1月31日に沖縄県伊良部大橋が開通するまでは、通行料無料の橋として日本最長の橋だった[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 事務局だより 受賞の紹介 (PDF) 福岡県建設技術協会
  2. ^ “無料通行で日本一長~い!伊良部大橋開通…沖縄”. 読売新聞 (読売新聞社). (2015年1月31日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150131-OYT1T50116.html 2015年2月2日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集