福岡県道26号北九州芦屋線

日本の福岡県の道路
福岡県道26号から転送)

福岡県道26号北九州芦屋線(ふくおかけんどう26ごう きたきゅうしゅうあしやせん)は、福岡県北九州市若松区から遠賀郡芦屋町に至る県道主要地方道)である。北九州市都市計画道路のひとつである。

主要地方道
福岡県道26号標識
福岡県道26号
北九州芦屋線
起点 北九州市若松区地図
終点 遠賀郡芦屋町地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0199.svg 国道199号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道11号標識
福岡県道11号有毛引野線
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道73号標識
福岡県道73号直方水巻線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道27号標識
福岡県道27号直方芦屋線
Japanese National Route Sign 0495.svg 国道495号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

起点側は南下する国道199号の代替に直進、住宅地である高須を経由、江川を渡ると八幡西区に入る。北九州市営バス向田営業所前を経て曲川を渡り水巻町猪熊を経由。橋長500mの御牧大橋を渡ると遠賀町の北端・島津地区を通る。最後に西川を超えると芦屋町に入り、堤防を越えて芦屋ボートレース場前交差点で終点となる。交通量は多いが、全線片側2車線であり渋滞は少ない。総延長距離の大半を若松区が占め、他の自治体の総延長は短い。特に八幡西区はわずかな区間のみを走行する。

路線データ編集

歴史編集

当時の福岡県道26号北九州芦屋福岡線のうち、遠賀郡芦屋町から福岡市東区までの区間が国道495号に昇格。残された北九州市若松区から遠賀郡芦屋町までの区間を同日路線認定(路線番号は変更せず)し現在に至る。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集