メインメニューを開く

福岡県道27号直方芦屋線

日本の福岡県の道路

福岡県道27号直方芦屋線(ふくおかけんどう27ごう のおがたあしやせん)は、福岡県直方市から遠賀郡芦屋町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
福岡県道27号標識
福岡県道27号 直方芦屋線
主要地方道 直方芦屋線
起点 直方市殿町【地図
終点 遠賀郡芦屋町中ノ浜【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0200.svg 国道200号
Japanese National Route Sign 0003.svg 国道3号
Japanese National Route Sign 0495.svg 国道495号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

直方市内では市街地を通り、犬鳴川と並走する区間があるが、以北は遠賀川の堤防上を走る。中間市鞍手町間の主要道路である。 大半の区間で対岸に福岡県道73号直方水巻線が併走するがこちらの方が道路規格が高く交通量は多い。ただし線形もよく信号も少ないため大きな渋滞は少ない。

鞍手町小牧地区では中島橋及び遠賀橋の渋滞緩和を図るべく、2017年完成予定で「都市計画道路八幡鞍手線」の建設が進められ、予定より早い2015年3月29日北九鞍手夢大橋として開通した。これに伴いこれまで橋で直結されていなかった鞍手町小牧地区と北九州市八幡西区楠橋地区が橋で直結され、鞍手 - 北九州間のアクセスが大幅に向上した。ただし大型車はこの橋を渡り当県道に出ることはできるものの、当面の間当県道と交差する今村交差点から町道鞍手停車場線へ曲がることはできなかったが、2016年4月現在は大型車も今村交差点を曲がれるようになっている。[要出典]

路線データ編集

  • 延長:11.215 km
  • 起点:福岡県直方市殿町(国道200号交点)
  • 終点:福岡県遠賀郡芦屋町中ノ浜(国道495号交点)

歴史編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集