福岡県道32号犀川豊前線

日本の福岡県の道路

福岡県道32号犀川豊前線(ふくおかけんどう32ごう さいがわぶぜんせん)は、福岡県京都郡みやこ町から豊前市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
福岡県道32号標識
福岡県道32号 犀川豊前線
主要地方道 犀川豊前線
起点 京都郡みやこ町犀川帆柱【地図
終点 豊前市八屋【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0496.svg 国道496号
Japanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道2号標識
福岡県道2号豊前耶馬溪線
Japanese National Route Sign 0010.svg 国道10号
東九州自動車道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

1993年3月31日までは現在の朝倉市から豊前市を結ぶ甘木豊前線という名称だったが、同年4月1日に甘木市の起点から旧犀川町(現在の起点)までの区間が国道496号および国道500号に昇格、残部の路線認定を行い現路線となった。

路線データ編集

歴史編集

 
旧・福岡県道32号甘木豊前線の名残と思われる旧標識(福岡県築上郡築上町にて撮影)。注視すれば「福岡」「県道」「32」が確認できる。
  • 1923年7月2日
    • 福岡県道418号鳥井畑八屋線を路線認定。現在の犀川豊前線の一部
    • 福岡県道千束宇島停車場線を路線認定。現在の犀川豊前線の一部
    • 福岡県道津民八屋線を路線認定。現在の犀川豊前線の一部
    • 福岡県道・大分県道427号下河内中津線を路線認定。現在の犀川豊前線の一部
  • 1938年3月19日 福岡県道418号鳥井畑八屋線から福岡県道418号彦山八屋線へ路線名変更。
  • 1955年1月25日 福岡県道418号彦山八屋線から福岡県道20号甘木八屋線へ路線名変更。
  • 1972年3月31日 福岡県道20号甘木八屋線から福岡県道20号甘木豊前線へ路線名変更。
  • 1973年3月31日 福岡県道20号甘木八屋線から福岡県道32号甘木豊前線へ路線番号変更。
  • 1993年4月1日 福岡県道32号甘木豊前線から福岡県道32号犀川豊前線として路線認定。現在の路線となる。
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から、県道犀川豊前線が犀川豊前線として主要地方道に指定される[1]
  • 2008年4月17日 築上町寒田 - 豊前市求菩提の未開通区間が開通。
  • 2008年5月1日 未開通区間の開通に伴い旧道となった区間が築上町の町道となる。
  • 2008年5月1日 築上町寒田の新道入口三叉路から溝口橋までの区間が福岡県道237号寒田下別府線に振替認定された。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
福岡県道32号犀川豊前線(福岡県築上郡築上町にて撮影)
別線
  • 京築アグリライン(豊前市河原田)
  • 東九州自動車道 豊前IC
  • 福岡県道225号野地塔田線(豊前市久路土・豊前IC北交差点)
  • 国道10号(豊前市塔田・豊前IC入口交差点)

沿線にある施設など編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集