メインメニューを開く

福岡県道70号田主丸黒木線

日本の福岡県の道路

福岡県道70号田主丸黒木線(ふくおかけんどう70ごう たぬしまるくろぎせん)は、福岡県久留米市田主丸町から八女市黒木町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
福岡県道70号標識
福岡県道70号 田主丸黒木線
主要地方道 田主丸黒木線
起点 久留米市田主丸町豊城【地図
終点 八女市黒木町桑原【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0210.svg 国道210号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道52号標識
福岡県道52号八女香春線
Japanese National Route Sign 0442.svg 国道442号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

久留米市から八女市上陽町にかけてはかんかけ峠と呼ばれる耳納山地の峠を登る必要があるが、中腹付近から山頂にかけては離合がほとんどできない上にコンクリートによる簡易な舗装であったり、崖となる路肩が弱い箇所がたくさんあるためとても主要地方道とは言い難い道路で俗に言う「険道」である。このため、大雨などの異常気象時には通行規制が行われる。

かんかけ峠の八女市側は1車線ながらも幅員が確保されており道路舗装も施されているので簡単にふもとに降りることはできるが、麓から八女市上陽町の中心部にかけて狭小区間が存在する。

路線データ編集

  • 起点:福岡県久留米市田主丸町豊城(国道210号交点)
  • 終点:福岡県八女市黒木町桑原(国道442号交点)

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
福岡県八女市上陽町打越

沿線にある施設など編集

主な峠編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集