メインメニューを開く

福岡駐屯地(ふくおかちゅうとんち、JGSDF Camp Fukuoka)とは、福岡県春日市大和町5-12に所在し、第4師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

福岡駐屯地
所在地 〒816-8666
福岡県春日市大和町5丁目12
座標 北緯33度32分19秒 東経130度27分21秒 / 北緯33.53861度 東経130.45583度 / 33.53861; 130.45583座標: 北緯33度32分19秒 東経130度27分21秒 / 北緯33.53861度 東経130.45583度 / 33.53861; 130.45583
駐屯地司令 第4師団副師団長
開設年 1950年
テンプレートを表示

1950年(昭和25年)に警察予備隊の駐屯地として設置されたのが始まりで、主要都市に所在する陸上自衛隊駐屯地の中では朝鮮半島に一番近い。福岡と南九州方面へ至る幹線交通の結節点であり、博多港特定重要港湾)、福岡空港福岡航空交通管制部航空交通管理センター博多駅および南福岡車両区博多総合車両所航空自衛隊西部航空方面隊司令部などの重要施設が集中(西部航空方面隊と南福岡車両区は道路を挟んで隣接)しており、そのため、駐屯している第4師団の重要性が増しつつある。

最寄の演習場は、古賀市宮若市にある西山訓練場。駐屯地司令は、第4師団副師団長が兼務。創立記念行事は毎年5月に開催している。

元々この地には渡邊鉄工所(現:渡辺鉄工株式会社)、後の九州飛行機(1943年に渡邊鉄工所から九州兵器に改名)の雑餉隈工場があり、終戦後GHQに接収され、賠償指定工場となっていたものが朝鮮戦争勃発を期に指定解除されたのと同時に後身の渡辺自動車工業(2001年に解散)が移転、福岡駐屯地が建立されていたため、自衛隊の管轄となった。現在でも補給科の倉庫として当時のままの姿で建っている。

沿革編集

  • 1950年(昭和25年)9月25日:旧九州飛行機製作所跡に警察予備隊福岡訓練所として開設。
  • 1951年(昭和26年)
    • 12月1日:第4管区総監部が薬院堀端から移転(2日まで)。
    • 12月3日:第4管区総監部移庁式挙行[1]
    • 12月22日:第4管区総監部及び福岡駐屯部隊の新庁舎落成式挙行[1]
  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)9月1日:駐屯地業務隊が編成完結。
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)12月1日:西部方面総監部・同付中隊が新編[2]、総監部編成完結式・創隊式挙行[2]
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月20日:西部方面総監部・同付中隊が健軍へ移駐開始(2月10日完了)[2]
    • 1月25日:第19普通科連隊が編成完結。
  • 1962年(昭和37年)
    • 8月15日:第4管区隊が第4師団に改編。第4管区総監部は第4師団司令部に改編。
    • 8月25日:第4偵察隊が健軍から移駐。
  • 1975年(昭和50年)8月1日:第4音楽隊が新編。
  • 1990年(平成02年)3月26日:第4武器隊・第4補給隊・第4衛生隊・第4輸送隊を統合して第4後方支援連隊が編成完結。
  • 2002年(平成14年)3月27日:第4師団司令部付隊化学防護隊を第4化学防護隊に改編。
  • 2009年(平成21年)3月26日:第4化学防護隊が第4特殊武器防護隊に改編。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第19普通科連隊が第4師団隷下から西部方面混成団隷下に編成替え。
  • 2019年(平成31年)3月26日:第4偵察隊が第4偵察戦闘大隊に改編。

駐屯部隊編集

第4師団隷下部隊編集

西部方面隊隷下部隊・機関編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

最寄交通機関編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『自衛隊年表』防衛庁長官官房広報課、1962年。
  2. ^ a b c 『三十年のあゆみ』西部方面隊、1985年。
  3. ^ a b 九州電力 (2015年4月30日). “第91期(平成26年度)有価証券報告書”. 2015年8月30日閲覧。
  4. ^ 九州電力(株)『九州電力四十年史 : 1951-1991』(1991.12)”. 2015年8月30日閲覧。

外部リンク編集