メインメニューを開く

福島奈央花

福島 奈央花(ふくしま なおか、1986年昭和61年)12月27日 - )は、日本舞台美術家美術デザイナー

ふくしま なおか
福島 奈央花
生年月日 (1986-12-27) 1986年12月27日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 舞台美術家
美術デザイナー
ジャンル 舞台
映画
活動期間 2010年 -
主な作品
一人の息子

「Ubumuntu Art Festival 3rd Edition」

目次

主な 舞台作品編集

  • 演劇集団イヌッコロ 『恋するアンチヒーロー』(2012/羽仁修 作・演出)、中野テアトルBONBON
  • BATIK『おたる鳥をよぶ準備』(2012) ふじのくに⇄せかい演劇祭 美術コーディネート
  • 『ACTRESS-Route55-』(2012/堤幸彦・演出 戸田恵子主演)、青山円形劇場
  • フェスティバル/トーキョー12 ジャン・ミシェル・ブリュイエール/LFKs『たった一人の中庭』美術コーディネート
  • フェスティバル/トーキョー12 『女司祭―危機三部作・第三部』美術コーディネート[1]、東京芸術劇場シアターイースト
  • 日韓共同制作『THE TUNNEL』( 山田裕幸,パク・ヨンホン 作•演出 )[2]座・高円寺1
  • フェスティバル/トーキョー13 リミニ•プロトコル『100% TOKYO』(2013) 美術コーディネート、東京芸術劇場プレイハウス
  • 『トラベルモード』(2014/佐野瑞樹・演出) 、紀伊国屋サザンシアター
  • ユニークポイント『新しい等高線』(2014)
  • 『八月の雹』(2014/中津留章仁作・演出)、新宿タイニイアリス[3]
  • BATIK『落ち合っている』(2014)  美術コーディネート、東京芸術劇場シアターイースト
  • F/T15 アンジェリカ・リデル『地上に広がる大空』(2016年11月)[4] 美術コーディネート、東京芸術劇場プレイハウス
  • 『いつかの膿』(2016/松本哲也作・演出 白川和子主演)、駅前劇場 
  • アフリカ・ルワンダ共和国 『Ubumuntu Arts Festival 3rd Edition』(2017.7) 総合メインステージデザイン、Kigali Genocide Memorial Centre[5][6]
  • ラ・セッテプロデュース『ギャングアワー』(2018.3/佐野大樹・演出) 赤坂RED/THEATER
  • TRASHMASTERS vol.29『奇行遊戯』

(2018.6/中津留章仁作・演出) 上野ストアハウス

映画編集

PV編集

参考文献編集

外部リンク編集