メインメニューを開く
  1. 福島氏(ふくしまし)→尾張系正則流
  2. 摂津源氏山県氏族福島氏(くしまし)
  3. 摂津源氏源師光を祖とする福島氏(ふくしまし)
  4. 河内源氏村上氏族福島氏
  5. 諏訪氏族福島氏
  6. 滋野氏族福島氏

福島氏(尾張国)編集

福島氏
 
沢瀉紋(福島沢瀉)
本姓 清和源氏[1]
家祖 福島正則
種別 武家
出身地 尾張国海部郡
主な根拠地 尾張国
著名な人物 福島正則
凡例 / Category:日本の氏族

福島氏(ふくしまし)は、日本の氏族。

賤ヶ岳の七本槍のうちのひとり福島正則が有名。豊臣秀吉の子飼いとして活躍し、尾張国清洲24万石を領した。

この系統は清和源氏と自称した[1]。なお、彼の父とされる市兵衛(正信)尾張国のただの桶屋であったといわれる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、仲の悪い西軍主将石田三成を討つために、徳川家康方の東軍につき争った。結果東軍が勝利を収め、その功により安芸国広島藩49万8,200石を与えられた。

慶長19年(1614年)から慶長20年(1615年)に起こった大坂の陣の際、正則は「豊臣方に近い大名」と思われ危険視されていたために、江戸留守居役とされた。実際、一部の一門衆(正守正鎮)は豊臣方に付いている。ただ、正則の弟で宇陀松山藩主の高晴は豊臣方に内通した嫌疑をかけられて改易されている。

元和5年(1619年)、正則は広島城の無断修繕を理由に改易され、信濃国高井野藩4万5,000石に移された。本多正純の謀略であったともいわれている[要出典]。その後、寛永元年(1624年)に正則が死去した際、幕府の使者の到着前に遺体を火葬したとして高井野藩も改易された。

末裔(まつえい)は、2000石の旗本として徳川家に仕えた。現在の13代目当主は早稲田大学高等学院、早稲田大学専任講師の福島正秀である。

系図編集

福島氏(美濃国)編集

福島氏(ふくしまし)は、日本の氏族。

美濃国大野郡福島郷(現・岐阜県本巣市下福島)発祥で、摂津源氏山県氏国氏流の系統である。

室町時代遠江国に移住して、福島正成の代に今川氏に仕えて、櫛間(くしま=九島・久島氏)に改姓したという。遠江国高天神城を中心にし勢力を広げたが、花倉の乱において今川義元に敵対し敗北し、残党は岡部親綱小笠原春義(春茂)に討滅され、一部は甲斐国に逃げ延びたが武田信虎に討たれ没落したとされる。

正成の子は北条氏綱の養子となり活躍した北条綱成(玉縄北条氏の祖)が著名である。綱成の家系は幕府旗本として家名を存続させている。

また玉縄北条氏の前身の福島氏は今川氏の家臣の福島氏とは別の一族で、元々伊勢盛時に仕えていたともいわれている。

系図編集

福島氏(摂津国)編集

福島氏(ふくしまし)は、日本の氏族。

上記の美濃福島氏と同様に摂津源氏の流れをくむ源頼国の八男・師光を祖とする一族。平安時代後期より摂津国西成郡福島荘(現在の大阪市福島区福島付近)を本拠とした[1]

系図編集

福島氏(信濃国)編集

福島氏(ふくしまし)は、日本の氏族。

信濃国筑摩郡福島村にも福島氏が存在する。河内源氏村上氏流があり、福島安正はこの系統に属する[1]。その他にも、諏訪氏流、滋野氏流の福島氏も存在する[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 丹羽 1970, p. 274.

参考文献編集

  • 丹羽基二 『姓氏 : 姓氏研究の決定版』、樋口清之監修 秋田書店、1970年7月。ISBN 4253002099 

外部リンク編集