メインメニューを開く

福島県立双葉高等学校(ふくしまけんりつふたばこうとうがっこう)は、福島県双葉郡双葉町に所在した県立高校。

福島県立双葉高等学校
Futaba High School.png
過去の名称 福島県立双葉中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福島県の旗 福島県
学区 福島県双葉
校訓 質実剛健・終始一貫
設立年月日 1923年
創立記念日 4月16日
閉校年月日 2017年3月31日
(休校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 文型コース
理型コース
文理型コース
学期 3学期制
高校コード 07165A
所在地 979-1472
福島県双葉郡双葉町新山字広町80
北緯37度26分42.8秒東経141度0分23.3秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

福島県立双葉高校は旧制中学校以来の伝統を持つ学校である。文武両道の方針のもと部活動も盛んで、定員の20%程を目安に学業のほか部活動(運動および吹奏楽)を重視した特別選抜(I期選抜)を行っている。

[誰によって?]同じ相双地区に「相高」(福島県立相馬高等学校)が存在することもあり、[誰によって?]のが一般的である。

沿革編集

経緯編集

双葉高校は1923年に福島県立双葉中学校として創立した。戦後の学制改革により1948年福島県立双葉高等学校となり、その後1950年には女子生徒の入学を許可し共学校となって現在に至る。

年表編集

教育方針編集

  • 校訓: 質実剛健・終始一貫

校章・校歌編集

  • 校章は「栴檀は双葉より芳し」の言葉にちなみ栴檀の葉を2枚重ねた図案を用いる。
  • 福島県立双葉高等学校校歌 - 1928年制定(旧制中学時代のもの) 作詞: 土井晩翠 作曲: 信時潔

学校行事編集

進路概況編集

  • 就職 例年20人前後

部活動編集

なお、2019年現在、相双地区で 唯一甲子園を経験している学校でもある。

交通編集

著名な出身者編集

その他編集

2011年3月11日の東日本大震災東北地方太平洋沖地震)に伴って発生した福島第一原子力発電所事故により避難指示がされた福島第一原子力発電所を中心とする半径20km以内の地域にあるため、福島県立喜多方高等学校に仮の事務所を設け福島県立福島南高等学校福島県立あさか開成高等学校福島県立葵高等学校福島県立磐城高等学校福島県立相馬高等学校の各校をサテライト協力校とするサテライト方式および通信の方式による対応がとられた[2]。また、入試に関しては合否判定が不可能となったためII期選抜試験受験者全員を合格とする措置がとられた[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 福島県立双葉高、山村国際高と震災後初の文化祭 共同開催「楽しむ」”. 埼玉新聞 (2014年9月7日). 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  2. ^ 福島県立双葉高等学校2011年4月10日(JST)閲覧
  3. ^ 平成23年度福島県立高等学校入学者選抜合格者一覧 (いわき・相双地区) (pdf)”. 福島県教育委員会 (2011年3月22日). 2011年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。

外部リンク編集