福本 直之(ふくもと なおゆき、1939年2月13日 - )は、日本のフランス中世文学者、創価大学名誉教授。フランス中世文学、語学専攻。『狐物語』が専門。妻は福本秀子。日本文体論学会常任理事。国際動物叙事詩学会名誉会長。

略歴 編集

京都府生まれ。1963年大阪市立大学文学部仏文科卒、1970年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。パリ大学文学博士。創価大学助教授、教授[1]。2010年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • Le roman de Renart. Branches I et Ia editees d’apres les manuscrits C et M. France Tosho 1974
  • 『第二外国語のフランス語』三修社 2000

翻訳など編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年