メインメニューを開く

福武観光株式会社(ふくたけかんこう)は岡山県岡山市北区に在する日本企業。主には現地の不動産業として土地・建物等の運用を行っている[2]が、本拠である岡山県下・岡山市内では創業時の業務である映画館の運営会社[1]として知られている。なお、社名に「福武」とあるが、これは創業者の氏名に因る社名であり、ベネッセコーポレーション(旧・福武書店)との関連性は資本的にも人員的にも存在していない。

福武観光株式会社
福武観光メルパビル
メルパビル(福武観光本部)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
700-0023
岡山県岡山市北区駅前町1丁目4-23
設立 1946年3月[1][2]
業種 サービス業
法人番号 8260001005790
事業内容 映画館の経営・運営、不動産業
代表者 福武義修(代表取締役社長)[2]
資本金 2千万円[1]
関係する人物 福武一二(創業者)[3]
外部リンク http://www.merpa.info/
テンプレートを表示

概要編集

1946年[1]福武興業株式会社[注 1]として創業。同年5月15日、岡山駅前商店街に隣接する場所に松竹系配給映画館である岡山松竹座(後に岡山東映→現在の岡山メルパ)を設置して営業を始めた[3]。岡山市内の現業映画館においては最古の老舗とされる。

岡山市北区駅前町にメルパビル、同区内中山下に福武ジョリービルを構え、同ビル群を雑居ビルとして、各ビルのフロアをテナントおよび多目的ホールとして賃貸もしている。

また夏季には運営各ビルの屋上でビアガーデンが開かれており、天満屋岡山本店屋上のビアガーデンに並ぶ、岡山市の夏の風物詩のひとつとなっている。

沿革編集

  • 1946年 - 会社設立。同年5月15日、岡山松竹座開業[3]
  • 1956年3月1日 - 岡山グランド劇場開業[3]
  • 1958年 - 岡山東宝、セントラル映画劇場開業[4]
  • 1960年11月 - 岡山松竹座を改修し、東映系映画館「岡山東映」とする[3]
  • 1964年10月 - グランド劇場を70mm映写対応の映画館に改装[3]
  • 1971年12月19日 - 福武ジョリービルを建設し、同ビル内に岡山東宝、セントラル劇場が入居しリニューアルオープン[4]
  • 1988年6月 - 岡山東映跡地にメルパビルを建設し、同ビル内に岡山東映・グランドメルパ(後にメルパ3・4と改称)が入居しリニューアルオープン[3]
  • 1991年9月27日 - 岡山セントラル劇場を閉鎖する。
  • 2008年9月19日 - 岡山メルパグランドを閉鎖する。
  • 2016年 - 会社創立60周年。

映画館業務編集

岡山メルパ
OKAYAMA MERPA
 
岡山メルパのエントランス
地図
情報
正式名称 岡山メルパ
旧名称 岡山東映・グランドメルパ
開館 1988年6月
収容人員 (4スクリーン) 750人
客席数 メルパ1:120席
メルパ2:60席
メルパ3:271席
メルパ4:197席[3]
設備 5.1chデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 福武観光株式会社
所在地 700-0023
岡山県岡山市北区駅前町1-4-23
メルパビル4F[注 2]
位置 北緯34度39分59.9秒 東経133度55分14.2秒 / 北緯34.666639度 東経133.920611度 / 34.666639; 133.920611 (岡山メルパ)
最寄駅 岡山駅
ジョリー東宝
JOLLY TOHO
 
福武ジョリービル
地図
情報
正式名称 ジョリー東宝
旧名称 岡山東宝
開館 1971年12月19日
収容人員 (1スクリーン) 200人
設備 5.1chデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 福武観光株式会社
所在地 700-0821
岡山県岡山市北区中山下1-10-30
ジョリービル6F[注 3]
位置 北緯34度39分45.2秒 東経133度55分40.7秒 / 北緯34.662556度 東経133.927972度 / 34.662556; 133.927972 (ジョリー東宝)
最寄駅 岡山電気軌道清輝橋線郵便局前停留場
最寄バス停 天満屋バスステーション

岡山市中心部に在する自社のビル内において映画館を運営している。往年においてはメルパビル・ジョリービルともに複数スクリーンを持ち、チケット購入窓口を各ビルごとに統合させ、1970年代ごろよりターミナル駅[注 4]および商店街[注 5]接続型のシネマコンプレックスに近い形態による経営方式を確立させていた。

しかし1990年代、岡山市郊外部にもモータリゼーションの本格化が到来し、それに伴って1999年MOVIX倉敷およびワーナー・マイカル・シネマズ 高松が、さらに2006年TOHOシネマズ岡南が進出。これら郊外型スーパーセンターモール接続式の本格的大手シネコンによる組織力をバックボーンとした経営に対して、他の地方映画館同様、経営に大きく水を揚げられる結果となり自社のスクリーン・客席規模を縮小する選択を迫られてしまうも、それまでの地勢の利と経営ノウハウゆえか、かろうじて全館の廃館にまでは至らなかった。

その後は市内中心部に残る大手(東映東宝松竹・洋画系)作品の配給映画館として[注 6]、時折、話題となったミニシアター系作品も取り入れながら運営を続けている。

また、メルパビルでは劇場チケット売場の向かい側にある映画パンフ等の売店を拡張する形で、小規模ながら京都アニメーションの公式アニメグッズを販売している。

運営する映画館編集

現行編集

岡山メルパ
かつての岡山東映およびグランドメルパ。東映系および洋画系の配給映画館。現在はフリーブッキング。全4スクリーン(2階に2スクリーン、3階と5階にそれぞれ1スクリーンを展開。各スクリーンには低フロアから順番に番号が振られており、それぞれメルパ1・メルパ2(2階)メルパ3(3階)メルパ4(5階)と呼称される。岡山東映だったスクリーンは3階のメルパ3、グランドメルパだったスクリーンは5階のメルパ4で、メルパ1と2に関しては開業当初は貸ホールとして展開していたが、1989年にメルパホールC(後にメルパ2に改称)として、1996年にメルパ1を貸ホールを改装して増館。
ジョリー東宝
かつての岡山東宝[注 1]。東宝系配給映画館。ジョリー岡山や単にジョリーと表記される事もある。5階に1スクリーン所持。
2階席が存在するが予約専用の特別料金席である。ソファーによるボックス席(VIP席)となっている。

廃館編集

メルパグランド
定員600人(1973年頃は729人[5]。開業当時の名称は「岡山グランド劇場[3][5]
主には大手(元は東映)洋画系配給映画館。メルパの向かいに存在していた。2階席も存在した大型の映画館。グランドメルパ(現在のメルパ4)とは別の劇場。2008年9月18日に閉館。現在、跡地は東横イン岡山駅東口になっている。
岡山歌舞伎座
定員720人(1973年[5])。主には洋画系配給映画館。メルパグランドの向かい(岡山市北区駅前町1丁目6-1[5])に存在していた。
岡山セントラル劇場
定員250人(1973年[5])。主には零細(元は東宝)洋画系配給映画館。ジョリービルの地下1階に存在していた。

入居テナント編集

※いずれも2017年4月現在。

メルパビル編集

ビルの隣の敷地に駐車場メルパパーキングを構えている。同パーキングの駐車券をチケット売場で提示すると映画の観覧が運転者のみ1回1000円になる。

フロア 施設 備考
7F
(屋上)
(夏季)メルパビヤガーデン [注 7]
6F 福武観光本社 運営事務所の窓口は4階のため、
ビルのフロア案内には表記なし。
5F メルパ4(1スクリーン・197席)
4F 福武観光本社事務所 ビルのフロア案内には
「福武グループ事務所」と表示されている。
3F メルパ3(1スクリーン・271席)
2F メルパ1・2(2スクリーン・120席/60席)
1F ハリウッドメルパ
成通グループのパチンコ店)
中国銀行メルパビルATM
メルパ映画チケット売場カウンターおよびグッズ・パンフレット等売店
(「京アニショップ!mini岡山メルパ店」を含む)
なお、チケットのもぎりはビルの入口
(エレベーターホールの直前)で行っていることが多い。[注 8]

福武ジョリービル編集

フロア 施設 備考
屋上 (夏季)ジョリービルスカイビヤガーデン [注 7]
8F 旬彩ダイニング恵備寿
7F ホットヨガスタジオ「カルド岡山」
フィットネスジム「H!M岡山」
2016年1月開業[6]
6F 福武観光ジョリービル事務所 多目的ホール利用受付やビル施設の管理事務がメイン。
5F ジョリー東宝
(映画館。1スクリーン・200席)
現在、常時の映画チケット販売は、
このフロアのエレベーターホール側入口で行っている。
4F 多目的ホール2室
(ゴールデンホール・シルバーホール)
3F 多目的ホール(パールホール) 仕切りによって3分割が可能。
2F スリムビューティハウス岡山店
多目的ホール2室
(エメラルドホール・クリスタルホール)
1F ドラッグセガミ岡山表町本店
ジョリービルエントランス
映画チケット臨時売り場[注 9]
ジョリーパーキング(駐車場)
B2F ライブハウス「エビスヤプロ」 エビスヤプロ出店からはB1FからB2F扱いに変更[7]
旧・岡山セントラル劇場カラオケボックス「ハミングシアター」。
暫くフロア閉鎖していた。

交通アクセス編集

メルパビル(岡山メルパ)
JR西日本岡山駅下車。岡山駅前商店街もしくは地下街岡山一番街(ビックカメラ前で地上に出る)をICOTNICOT方面に向かい、のちICOTNICOTの交差点を左折。徒歩5分。または、ビックカメラの商品搬入口の横の歩行者専用道路から岡山駅前商店街に入り、ICOTNICOT前交差点を左に曲がる。
岡山電気軌道東山本線および清輝橋線岡電バス中鉄バス(中鉄北部バス)・宇野バス備北バス、岡山駅前停留所[注 10]下車。徒歩3分。
福武ジョリービル(ジョリー東宝)
岡山電気軌道東山本線県庁通り停留所下車。西へ徒歩10分。
岡山電気軌道清輝橋線郵便局前停留所下車。東へ徒歩5分
両備バス岡電バス下電バス中鉄バス(中鉄北部バス)・備北バス天満屋バスステーション下車。
  • バスステーションを2階に上がり、連絡通路を通りロッツビル[注 11](岡山LOFT)に入る。1階に降りて、スターバックス側の出入り口を出て右(西側)に行き、横断歩道を渡った目の前。
  • バスステーションを地階に降り、天地下タウンみずほ信託銀行岡山支店方面(西側。天満屋・表町・ロッツとは逆方向)へ。銀行ビル手前の階段から地上へ上り横断歩道を渡った目の前。
宇野バス表町バスセンター下車。西へ徒歩10分。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b ジョリービルの案内看板には現在も旧称である「福武興業」や「岡山東宝」の名前が修正されないままで掲げられている。ただし公式サイトや現行での発行リーフレットでは現在の名称に改められている。(2013年6月2日確認)
  2. ^ ビル運営統括事務所の住所。実際の映画館の位置は同ビルの5階と3階と2階。
  3. ^ ビル運営・劇場管理事務所の住所。実際の映画館の位置は同ビルの5階。また劇場運営に関する問い合わせはメルパビルの事務所に対して行うのが望ましい。
  4. ^ メルパビルの場合は岡山駅。ジョリービルの場合は天満屋バスステーション
  5. ^ メルパビルの場合は岡山駅前商店街。ジョリービルの場合は岡山表町商店街
  6. ^ 2014年までは唯一の市内中心部の映画館であったが、同年11月29日にイオンモール岡山内に「イオンシネマ岡山」がオープンしたため唯一ではなくなっている。
  7. ^ a b 秋期から春期までは閉鎖。
  8. ^ 往年の経営の名残で各階にもチケットのもぎり用カウンターがあるが、現在は使われていない。
  9. ^ 通常時は閉鎖されており、上映作品のポスターや案内が掲示されている。行列が出来るレベルの混雑時などに開放される。
  10. ^ 岡山駅バスターミナルではなく、岡山駅前バス停留所(ドレミの街前バス停)である事に注意。
  11. ^ ビルの正式名称は、黒住ビル。黒住教が所有しているため

出典編集

  1. ^ a b c d 福武観光株式会社 ザ・ビジネスモール
  2. ^ a b c 福武観光”. マイナビ転職. マイナビ. 2017年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 岡山メルパ”. 港町キネマ通り (2014年8月). 2014年9月27日閲覧。
  4. ^ a b ジョリー東宝”. 港町キネマ通り (2014年8月). 2014年9月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『全国映画館名簿 1973年版』全国映画館新聞社、1973年。
  6. ^ カルド岡山の誕生です!!”. カルド鶴見・H!M鶴見店のブログ (2015年11月8日). 2017年5月1日閲覧。
  7. ^ “会場資料” (PDF) (プレスリリース), エビスヤプロ, (2015年4月1日), http://yebisuyapro.jp/img/equipments/150401033643.pdf 2017年5月1日閲覧。 

関連項目編集

  • シネマ・クレール - メルパやジョリーと同様に岡山市中心部で運営している単館映画館。ミニシアター系およびリバイバル上映が中心。運営者は異なるが同市同区内にある単館映画館という事で入場料割引などの提携を行っている。
  • 岡山県の千日前 - 岡山表町商店街の一部。福武観光各ビルと同様に複数の映画館を運営しており、往時の市内映画館業務においては双璧を成していた。核となったのは岡山松竹であり、松竹系の映画館・芝居小屋(大衆演劇向け)が集中していた。2000年代における松竹系各館の廃館により、現在ではその影すらも窺う事はできなくなっている。

外部リンク編集

  • 岡山メルパ - 劇場の公式サイト。岡山メルパおよびジョリー東宝の劇場・上映案内。
  • 福武ジョリービル - ジョリービルにおけるイベントホール貸出および駐車場の案内。(駐車場に関しては「周辺地図」のページに記載)
  • メルパ&ジョリー屋上ビアガーデン - メルパおよびジョリー、各ビルにおけるビアガーデンの案内。市内の飲食業グループであるジョイワンが福武観光より委託を受けて運営。