福永 二三雄(ふくなが ふみお、1942年6月17日 - 2005年2月14日)は、地方競馬大井競馬場に所属していた元騎手、元調教師。地方時代にイナリワンを管理していたことでも知られる。

兄に日本中央競馬会元騎手・元調教師の福永甲、弟は同じく元騎手の福永洋一、甥に福永祐一(洋一の息子)がいる。また、大井の調教師の福永敏は娘婿。 高知県出身。

経歴編集

福永4兄弟の次男として高知県高知市で生まれる。兄の甲と違い地方競馬で騎手デビュー。1972年には3歳時のハイセイコーにも騎乗している(騎乗時の成績は3戦3勝)。

1980年より調教師になり、カウンテスアップイナリワンを管理するなど南関東の中堅調教師として活躍していたが、2005年に肝不全で急逝した[1]

主な騎乗馬編集

主な管理馬編集

脚注編集

外部リンク編集