福満しげゆき

福満 しげゆき(ふくみつ しげゆき)は、日本漫画家大学夜間部中退[1](大学名は不明[2])。血液型A型

福満しげゆき
本名 福満茂之[要出典]
生誕 (1976-05-11) 1976年5月11日(41歳)[要出典]
東京都保谷市[要出典]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年(平成9年) -
ジャンル 青年漫画
エッセイ漫画
4コマ漫画
成年漫画
ガロ系
代表作 僕の小規模な失敗
僕の小規模な生活
うちの妻ってどうでしょう?
生活
受賞 文化庁メディア芸術祭マンガ部門
公式サイト 福満しげゆきホームページ
テンプレートを表示

目次

経歴編集

高校時代より漫画を描き始め、『週刊少年ジャンプ』へ投稿するも、何の音沙汰もなく、漫画家になる自信をなくしてしまう。しかし、蛭子能収の漫画を読み、感銘を受けて『月刊漫画ガロ』の「4コマガロ」の常連投稿家となる[3]。その後、『ガロ』に持ち込みを行い、副編集長の白取千夏雄に見出され[4]1997年2月号の「娘味」(福満茂之名義)が入選作となり、プロデビュー。引き続き『ガロ』に持ち込みを続けたが、発行元の青林堂の内紛で同誌が休刊に入ってしまう。新たな投稿先を模索する中、1998年に『週刊ヤングマガジン』に投稿した事をきっかけに、時折『ヤングマガジン増刊青BUTA』等のメジャー誌に掲載される。しかし漫画家を続けていく自信を失ってしまい、一時期漫画と距離を置く。

その後、再び漫画家としての活動を再開するも、主な執筆活動の場は青林工藝舎の『アックス』や幻堂出版の『何の雑誌』、エロ本などのマイナー誌を中心とした時代がしばらく続く。漫画作品以外でもガイナックスのWEB企画「SF百景」でイラストが掲載されたことがある[5]。この頃に数年間同棲を続けてきた「妻」と結婚。2002年に『アックス』で初連載となった福満自身の半自伝作品でもある「僕の小規模な失敗」が話題となり、徐々にファンを獲得し始める。2003年には初の単行本となる「まだ旅立ってもいないのに」が青林工藝舎より刊行される。

単行本が刊行されてからも、更なる活動の場を獲得するべく『月刊IKKI』の新人賞「イキマン」に投稿し、2005年1月号に受賞作「新世紀僕はどうなる」で掲載を果たす。2005年9月に「僕の小規模な失敗」の単行本が刊行されると、メジャー誌の『モーニング』の編集者に見出され、2006年秋からは「僕の小規模な失敗」の続編でもある「僕の小規模な生活」が同誌で不定期掲載を開始。ここを境に、メジャー誌からも仕事の依頼が頻繁に来るようになり、主な執筆の場はマイナー誌からメジャー誌へと移行する。2007年春には『漫画アクション』において、自身の妻を題材にした“自称”4コマ漫画うちの妻ってどうでしょう?」の連載を開始。同年7月にはそれまで不定期掲載だった「僕の小規模な生活」が、『モーニング』誌上で週刊連載となる。2009年初春、『週刊少年マガジン』で読み切り作品「東村山あたりの夕日」が掲載され、少年誌にも進出した。2009年5月より、「生活」がWeb配信の形で連載再開されている。2009年8月に一児の父になったことを作品内で発表。2010年、「うちの妻ってどうでしょう?」で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞を受賞[6]

作中では、ホームページを開設する・ネット将棋を楽しむ・BBS上の自著への批判投稿に目を通すなど、福満自身がインターネットを活用する描写が多く見られる。BBS上の自著に対する否定的な意見には、「闇金ウシジマくん」の登場人物・板橋のような破綻した人間の仕業だと思い込むことで、落ち込まないという対処をしているという。

作風編集

  • ガロ』(青林堂)や『アックス』(青林工藝舎)などに掲載されたマイナー誌時代の作品は、陰々滅々としたシュールかつダークに徹した作風であり、青春期の冴えない男の子が閉塞的な状況に対してもがく内省的葛藤や性的な煩悶を描いた話や人生に疲れきったおじさんを描いた話などが多く、女性に対して、友達に対して、不良に対して、大人に対して、学校に対して、社会に対して、自分に対しての鬱屈したやるせない感情を、非常に的確かつ客観的に描いていた。福満しげゆき自身が漫画で食べていくことに自信を持てなかった頃の屈折した気持ちがマイナー誌時代の作品に反映されていたことが伺える。それでもストーリーの展開は「後ろ向きな前向き」であり、登場人物は小規模な失敗を重ねながらも成長していくプロットが多かった。これらが結実したのが「僕の小規模な失敗」である。
  • メジャー誌である『モーニング』(講談社)の編集者に見出され、2006年秋からは「僕の小規模な失敗」の続編でもある「僕の小規模な生活」が同誌で不定期連載を開始すると、鬱屈としながらも福満独特のユーモアを交えた作風になり、かつて程のダークさシュールさは無くなるが、福満の鬱屈した雰囲気やネガティブぶりは健在である。
  • 作中でも明言している通り遅筆であり、そのせいで連載が休載になることも多い。
  • 『モーニング』の「僕の小規模な生活」は名目上「長期休載」となっているが、福満本人によると「(続きを)『書きたい』ということを(講談社に)伝えたが、反応がなかった」という旨の発言をしている[7]。『うちの妻ってどうでしょう?』上では「『僕の小規模な生活』につきましては完全に終了いたしました、打ち切り?的な?」と発言している[8]
  • 漫画家で同い年のモリタイシと交流があり、『うちの妻ってどうでしょう?』『僕の小規模な生活』に度々登場している[9]
  • デビュー当初から「枠線以外は定規を使用しない作画」「スター・システム」「登場人物には名前を与えない無名の群集劇」などの特徴がある。人物は西岸良平を連想させるデフォルメが成された特徴的な絵柄である。

作品リスト編集

単行本編集

コミックス編集

書籍編集

連載中編集

漫画編集

エッセイ編集

  • 僕のはきだめ劇場(実話BUNKAタブー、文章エッセイ)
  • 小規模な感想文(SPA!、不定期、文章エッセイ)

休載中編集

連載終了編集

読み切り作品編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 『僕の小規模なコラム集』カバー著者紹介
  2. ^ 『漫画アクション』2010年3月16日号(3月2日発売)「うちの妻ってどうでしょう?」第77回より。Wikipedia上では彼の経歴として長らく「明治学院大学夜間部中退」と記載されていたが、作中で否定した。
  3. ^ 4コマガロ・「長井イズム」のこと - 白取特急検車場 2007年3月29日付
  4. ^ グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道 34-35頁
  5. ^ ガイナックスの新企画「SF百景」、第1回は今日マチ子
  6. ^ 平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品”. 文化庁. 2013年7月20日閲覧。
  7. ^ 荻上チキ・Session-22 2014年6月30日放送
  8. ^ うちの妻ってどうでしょう? 7巻 174話
  9. ^ うちの妻ってどうでしょう? ドラマCDのインタビュー
  10. ^ 本書に収録された「景色のキレイなトコに行こう」は、 2008年テレビ東京にて放送された深夜ドラマ週刊真木よう子』第6話にて映像化された。福満にとっては初の映像化作品である。
  11. ^ ガロ』1997年2月号に福満茂之名義で掲載されたデビュー作で『娘味』や初期作品『10年たって彼らはまた何故ここにいるのか…』が収録されている。2013年には『フリーキッチン』のタイトルで映画化されている(劇場公開は2015年11月

外部リンク編集