メインメニューを開く

福田 宏年(ふくだ ひろとし、1927年8月31日 - 1997年6月8日)は、日本の文芸評論家ドイツ文学者

目次

来歴・人物編集

香川県三豊郡大野原村(現 観音寺市大野原町)出身。旧制香川県立三豊中学校、旧制松山高等学校を経て、東京大学文学部独文科卒業。

専門は、登山にまつわる随筆、紀行、ドイツ文学などの翻訳のほか、トーマス・マンフォンターネ、ムジールを中心にドイツ近代小説の研究。また、井上靖の娘婿で[1]、最もよき理解者である。『井上靖の世界』『井上靖評伝覚』は、文献的にも作家論的にも井上靖に関する最高の業績である。

1964年(昭和39年)5月に立教大学山岳部ヒマラヤ登山隊を指揮し、ペタンツェ登頂に成功する。同年、その登山記録『バルン氷河紀行 あるヒマラヤ小登山隊の記録』を刊行[2]。翌年の1965年(昭和40年)にも岳父の井上靖と共にシルクロードの旅を行った。

1969年(昭和44年)立教大学文学部内に紛争が起こり、辞職[3]1970年(昭和45年)中央大学文学部教授に就任。同大学文学部長も務めた。

1997年(平成9年)逝去。享年69。

略歴編集

著書編集

  • 『山の文学紀行』(朋文堂、1960年/沖積舎(改訂版)、1994年)
  • 『バルン氷河紀行 あるヒマラヤ小登山隊の記録』(講談社、1964年/中公文庫(改訂版)、1993年)
  • 『現代文学の運命』(講談社、1971年)
  • 『井上靖の世界』(講談社、1972年)
  • 『山のこころ』(日本交通公社、1974年)
  • 『永遠と現実 死の作家と生の作家論』(講談社、1975年)
  • 『井上靖評伝覚』(集英社、1979年、増補版1991年)
  • 『時刻表地図から消えた町』(集英社、1980年)、のち文庫
  • 『ウィーンの錠開け屋 出会いの三十有余年』(沖積舎、1995年)
  • 『時が紡ぐ幻 近代藝術観批判』(集英社、1998年)

翻訳編集

  • H.レツヒエンペルク『天国地獄ヒマラヤ』(朋文堂、1959年)
  • オイゲン・ギド・ランマー『世界山岳全集第3 青春の泉』(朋文堂、1960年)
  • 『世界の名作11 トマス・マン 魔の山』(集英社、1964年)
  • スヴェン・ヘディン『ヘディン中央アジア探検紀行全集 7 ゴビ砂漠の謎』(白水社、1965年)、のち新版
  • トーマス・マン『世界の文学35 トニオ・クレーゲル』(中央公論社、1965年)
  • E.ツィグモンディ『世界山岳名著全集 4 アルプスの高嶺にて』(あかね書房、1967年)
  • ティッヒー『ヒマラヤ名著全集 5 無名峰の聳える国』(あかね書房、1968年)
  • カール・ベトナリック『男の危機』(井上修一共訳 読売新聞社、1971年)
  • フォンターネ『世界の文学 12 つくられた微笑』(中央公論社、1972年)
  • ノヴァーリス『世界文学全集 22 青い花』(学習研究社、1978年)
  • ディーレンフルト『ヒマラヤー第三の極地』(白水社、1978年)
  • フランツ・グリルパルツァー『ウィーンの辻音楽師』(岩波文庫、1979年)、のち新版
  • ハンス・カロッサ『世界文学全集25 ルーマニア日記』(学習研究社、1979年)
  • H.C.ベラン『ベランのパノラマ』(前島郁雄共訳 実業之日本社、1980年)
  • ハインリヒ・ハラー『チベットの七年 ダライ・ラマの宮廷に仕えて』(白水社、1981年、新版1997年)
    • 『セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年』(角川文庫、1997年)
  • エーミール・シュルテス『スイス・パノラマ』(実業之日本社、1982年)
  • ヘディン『シルクロード』(全2巻、岩波文庫、1984年)
  • 『マウンテン・ワールド 第5巻 スイス山岳研究財団』(杉山雅夫共訳 小学館、1989年)
  • 『マウンテン・ワールド 第7巻 スイス山岳研究財団』(山野井裕義共訳 小学館、1989年)
  • ヘディン『さまよえる湖』(全2巻、岩波文庫、1990年)
    本書「訳者あとがき」で、福田は本文には一度も出てこない「1600年周期」という誤った表現を用いて解説を加えており、多くの読者にヘディンの学説に対する重大な誤解を与えた。
  • フランツ・アルトハイム『小説亡国論』(中央大学出版部、1996年)

脚注編集

  1. ^ 『増補 井上靖評伝覚』(集英社)(1991年)
  2. ^ 『ウィーンの錠開け屋 出会いの三十有余年』(沖積舎)(1995年) 24頁
  3. ^ 『ウィーンの錠開け屋 出会いの三十有余年』(沖積舎)(1995年) 57頁

参考文献編集

  • 『新人国記 2』(朝日新聞社)(1982年)
  • 『香川県人物・人名辞典』(四国新聞社)(1985年)
  • 『香川県人物・人材情報リスト 2002』(日外アソシエーツ)(2002年)