福田 甲子雄(ふくだ きねお、1927年8月25日 - 2005年4月25日)は日本俳人

経歴編集

山梨県中巨摩郡飯野村(現・南アルプス市飯野)に生まれる。1947年より、飯田蛇笏選「春夏秋冬」に投句をはじめ、「雲母」に入会、蛇笏に師事。1960年より飯田龍太選に投句し龍太に師事、1963年より終刊まで「雲母」編集同人。1969年、第5回山盧賞を受賞、2002年、第25回野口賞を受賞。

1971年6月、第一句集『藁火』を出版。その後、数々の句集や評論集などを出版。1992年、「雲母」終刊。その後は、盟友・廣瀬直人の主宰誌「白露」の同人として活躍。作品は、重厚な風土性と格調の高さが特徴であると評される[1]

2004年、句集『草虱』にて第38回蛇笏賞を受賞。同年、胃癌の手術を受け自宅療養に入るが、2005年、再入院し、4月25日、南アルプス市内の病院で死去。享年78。

親族編集

著作編集

句集編集

  • 『藁火』(1971)
  • 『青蝉』(1974)
  • 『白根山麓』(1982)
同文庫版(邑書林〈邑書林俳句文庫〉、1998)
  • 『山の風』(1987)
  • 『盆地の灯』(1992)
  • 『草虱』(2003)
  • 『師の掌』(2005)

評論集など編集

  • 評論集『人と作品・飯田蛇笏』角川源義と共著(1973)
  • 評論集『飯田龍太』(1985)
  • 俳句鑑賞『龍太俳句365日』(1991)
  • 入門書『入門講座 肌を通して覚える俳句(1999)
  • 俳句鑑賞『忘れられない名句』(2004)

参考文献編集

  • 金子兜太編 『現代の俳人101』 新書館、2004年
  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森

個別参照

  1. ^ 小島健「自然・風土と人間性の一体」『白根山麓』解説 邑書林〈邑書林俳句文庫〉、1998年。
  2. ^ レファレンス事例詳細(Detail of reference example)国立国会図書館

外部リンク編集