メインメニューを開く

福田 良之(ふくだ よしゆき、1956年 - )は、日本の実業家新光投信取締役会長等を経て、海外通信・放送・郵便事業支援機構代表取締役社長

人物・経歴編集

和歌山県田辺市出身。和歌山県立田辺高等学校を経て、1979年一橋大学商学部を卒業し、株式会社日本興業銀行(現みずほ銀行)入行[1][2]

2006年株式会社みずほコーポレート銀行(現みずほ銀行)執行役員営業第十五部長、2007年執行役員証券部長、2008年常務執行役員・営業担当役員、2010年常務執行役員・コンプライアンス統括グループ統括役員兼審査グループ統括役員、2011年常務執行役員・コーポレートバンキングユニット統括役員、2012年株式会社みずほ銀行常務執行役員・大企業法人ユニット長兼事業法人ユニット担当、2013年みずほ証券株式会社取締役副社長投資銀行部門長兼金融公共グループ長、2014年新光投信株式会社取締役会長[3][4][5][6][7][8][9]

2015年11月に設立された、官民ファンド・株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構の初代代表取締役社長に就任[10]。一般社団法人国力倍増塾常任理事[11]、特定非営利法人ふるさとテレビ顧問等も務めた[12]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「海外通信・放送・郵便支援社長に福田氏」SankeiBiz2015.10.2
  2. ^ 「福田良之」
  3. ^ [1]
  4. ^ 「株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構 社長候補者」総務省
  5. ^ [2]みずほ証券
  6. ^ [3]みずほフィナンシャルグループ
  7. ^ [4]みずほフィナンシャルグループ
  8. ^ [5]みずほフィナンシャルグループ
  9. ^ [6]みずほフィナンシャルグループ
  10. ^ 「官民ファンド社長に元みずほコーポ役員の福田氏 」日本経済新聞2015/10/1付
  11. ^ [7]一般社団法人国力倍増塾
  12. ^ [8]特定非営利法人ふるさとテレビ