メインメニューを開く
画像提供依頼
1.個人識別可能な顔写真
2.脚本執筆時の写真の画像提供をお願いします。2018年4月

福田 靖(ふくだ やすし、1962年[1][2] - )は、日本脚本家。株式会社CRG所属。山口県徳山市(現・周南市)出身[3]

福田 靖
プロフィール
誕生日 1962年
出身地 日本の旗 山口県徳山市(現・周南市
主な作品
テレビドラマウエディングプランナー SWEETデリバリー』(2002年
真夜中の雨』(2002年)
ワンダフルライフ』(2004年
トキオ 父への伝言』(2004年)
海猿 UMIZARU EVOLUTION』(2005年
CHANGE』(2008年
上海タイフーン』(2008年)
龍馬伝』(2010年
DOCTORS〜最強の名医〜』(2011年
グッドパートナー 無敵の弁護士』(2016年
先に生まれただけの僕』(2017年
まんぷく』(2018年 - 2019年
映画海猿 ウミザル』(2004年
HERO』(2007年
犯人に告ぐ』(2007年)
容疑者Xの献身』(2008年
受賞
TV LIFE年間ドラマ大賞脚本賞
ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞
コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞
テンプレートを表示

来歴編集

生い立ち編集

山口県立徳山高等学校を卒業すると[2]、上京し明治学院大学文学部仏文科に進学した。その後、明治学院大学を中途退学し[2]劇団の主宰を経て[1]脚本家としてデビューした[1]

脚本家として編集

全国朝日放送共同テレビジョン製作した『BLACK OUT』にて、脚本家としてのデビューを果たす[1]。以降はテレビドラマの脚本を中心に活動しており、群像劇を多く手掛けている。

2002年、『ウエディングプランナー SWEETデリバリー』にて、初めて連続ドラマの脚本を単独で執筆した。また、2010年大河ドラマに起用され、『龍馬伝』の脚本を手がけた。さらに、2018年朝の連続テレビ小説に起用され、『まんぷく』の脚本を手がけた[4]。賞歴としては、ザテレビジョンドラマアカデミー賞の脚本賞などを受賞している。

また、落合正幸とともに執筆した『催眠』を皮切りに、映画の脚本も手掛けている。『ホワイトアウト』では脚本協力としてクレジットされ、『陰陽師』では夢枕獏江良至とともに脚本を執筆した。2004年の『海猿 ウミザル』にて、初めて映画における単独での脚本執筆を果たす。

インターネットドラマの脚本も手掛けており、2017年から配信された『チェイス 第1章』では単独で脚本を執筆した[5]が、オリジナルのフィクション作品と称していた同作の内容が[6][7]足利事件をはじめとする一連の幼女殺害事件を追った清水潔ノンフィクション作品に酷似していたことが発覚した[8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18]台詞をはじめ数多くの類似点が見つかるとともに[8]、一連の幼女殺害事件の遺族らに全く取材せずに脚本を執筆していたことが明るみに出た[19]。その結果、被害者や遺族を蔑ろにしていると問題視され、同番組は最終話の配信を中止する事態に追い込まれた[20][21]

人物編集

口述筆記
脚本づくりにあたっては、自ら手書きしたりタイピングしたりするのではなく、口述筆記するスタイルを採っている[1]。所属事務所の公式ウェブサイトによれば「登場人物の台詞や動きを“口頭”で表現し、それをアシスタントにタイプさせる」[22]としており「パソコン画面へ向き合う時間はそう長くない」[22]という。
オリジナル作品の取材と脚本
日本では漫画などを原作とするテレビドラマが多数制作されているが、その風潮に疑問を感じており[23]、オリジナル作品の脚本執筆を重視している[23]
その理由として、原作が存在するドラマの場合、脚本執筆時の取材作業が軽減されるが[23]、安易にそれに頼るようになると脚本家の質が低下すると懸念しているためである[23]。漫画原作付きのドラマに対して「取材はすべて漫画家さんがやっているわけです。脚本家はそれをやらずに書けます。もちろんこれを否定するわけではありません」[23]としながらも「作品としては成功するかもしれませんけど、こればかりになったら、テーマは見つけられない、取材もできない、オリジナリティがないといった、レベルが低い脚本家ばかりになってしまうのではないか」[23]と指摘している。そのうえで「エンタテインメントでありながら、説教くさくない程度に社会に対する意義らしきものがある。そういうものを、取材してオリジナルで作っていきたい」[23]との抱負を語るなど、自ら取材して独自の脚本を執筆することに強い思い入れを持っているとしていた。一方で、脚本を手がけた『チェイス 第1章』では、一連の幼女殺害事件を取材した別のノンフィクション作品と内容が極めて似ており[8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18]、台詞に至るまで多数の類似点があるにもかかわらず[8]、オリジナルのフィクション作品だとして配信されていた[6][7]。さらに同作では、一連の幼女殺害事件の遺族らに対して全く取材せずに脚本を執筆していたことも明らかになっている[19]
評価と受賞
2017年10月から同年12月まで放送された『先に生まれただけの僕』が評価され[24]、翌年1月9日の第10回コンフィデンスアワード・ドラマ賞審査会にて脚本賞を授与されることが決定した[24]。受賞に際して「僕はあまり賞には縁がないんです」[24]と述べたうえで、同作でのキャストとスタッフが一体となって努力してきた点に言及し「賞をもらってこんなに嬉しいと思ったことはありません」[24]とコメントしている。

略歴編集

賞歴編集

作品編集

テレビドラマ編集

※は共同脚本

インターネットドラマ編集

映画編集

著作編集

単著編集

共著、原作、など編集

脚注編集

註釈編集

[ヘルプ]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 新・フジテレビ批評 - フジテレビ” (日本語). 人気脚本家が考えるドラマヒットのカギ. フジテレビジョン (2015年10月3日). 2015年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 2010年10月8日 [Vol.197号 応援します!「山口ふるさと大使」|元気になるメールマガジン!!山口きらめーる]” (日本語). 山口県総合企画部広報広聴課 (2010年10月8日). 2018年1月18日閲覧。
  3. ^ 周南市美術博物館 (2010年12月20日). “福田靖さん来館!” (日本語). 周南市美術博物館. 2010年12月20日閲覧。
  4. ^ a b 《平成30年度後期》連続テレビ小説 制作決定! 連続テレビ小説 まんぷく |NHK_PR|NHKオンライン” (日本語). 日本放送協会 (2017年11月14日). 2017年11月14日閲覧。
  5. ^ a b “大谷亮平、本田翼が初共演、ダブル主演!脚本・福田靖×監督・深川栄洋×主題歌ポルノグラフィティ” (プレスリリース), 時事ドットコムニュース, (2017年10月24日), https://www.jiji.com/jc/article?k=000000089.000019084&g=prt 2018年1月18日閲覧。 
  6. ^ a b 大谷亮平&本田翼、Amazonドラマ「チェイス」で初共演!12月22日配信スタート : 映画ニュース - 映画.com” (日本語). エイガ・ドット・コム (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  7. ^ a b JOKER FILMS INC.” (日本語). Amazonオリジナルドラマ「チェイス -第1章-」に関して. ジョーカーフィルムズ (2018年1月1日). 2018年1月1日閲覧。
  8. ^ a b c d 塩原賢 (2018年1月18日). “新潮社、アマゾンのドラマ「チェイス」の配信中止を要請:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞社. 2018年1月18日閲覧。
  9. ^ a b 新潮社、Amazonドラマ「チェイス」配信中止要請 『殺人犯はそこにいる』と酷似 - ITmedia NEWS” (日本語). アイティメディア (2018年1月18日). 2018年1月18日閲覧。
  10. ^ a b 新潮社「チェイス」配信中止をアマゾンに申し入れ - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). 日刊スポーツ新聞社 (2018年1月18日). 2018年1月18日閲覧。
  11. ^ a b 新潮社:アマゾンに配信中止申し入れ - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞社 (2018年1月19日). 2018年1月19日閲覧。
  12. ^ a b アマゾン配信ドラマに抗議=「事件報道に酷似」-日本テレビ:時事ドットコム” (日本語). 時事通信社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  13. ^ a b アマゾン配信ドラマに日テレも抗議 「報道想起させる」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  14. ^ a b 配信ドラマ「チェイス」は「とうてい看過できない」 日本テレビもアマゾンに抗議 - 産経ニュース” (日本語). 産経デジタル (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  15. ^ a b 日テレもアマゾンなどに抗議 ドラマは自局報道を想起と” (日本語). 千葉日報社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  16. ^ a b 日テレ 盗作疑惑のAmazonドラマ「チェイス」に抗議文「到底看過できない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポーツニッポン新聞社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  17. ^ a b 本テレビがAmazonドラマ「チェイス」に抗議文 「到底看過できません」/芸能/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ神戸新聞社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  18. ^ a b 日テレ、アマゾンなどに抗議 ネットドラマが自局報道に酷似― スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポーツニッポン新聞社 (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。
  19. ^ a b ドラマ「チェイス」への抗議について|NNNドキュメント|日本テレビ” (日本語). 日本テレビ放送網. 2018年2月2日閲覧。
  20. ^ 日テレ、Amazonドラマ『チェイス』に抗議「到底看過できません」|オリコンニュース|上毛新聞ニュース” (日本語). 上毛新聞社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  21. ^ ねとらぼ (2018年2月2日). “日本テレビもAmazonオリジナルドラマ「チェイス」に抗議文 「倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」 - ねとらぼ” (日本語). アイティメディア. 2018年2月2日閲覧。
  22. ^ a b Yasushi Fukuda 福田靖” (日本語). CRG. 2018年4月21日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g 武井保之 (2018年1月29日). “福田靖氏、『先僕』へのこだわりと反省「社会への意義があるオリジナルドラマを作りたい」” (日本語). oricon ME. 2018年1月29日閲覧。
  24. ^ a b c d 【17年10月期 コンフィデンス・ドラマ賞】脚本賞は『先に生まれただけの僕』福田靖氏、原案から手がけたこだわり” (日本語). オリコン (2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。
  25. ^ TV LIFE年間ドラマ大賞 受賞リスト|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). 学研プラステレビライフ編集部. 2018年4月21日閲覧。
  26. ^ 第10回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」” (日本語). オリコン. 2018年4月21日閲覧。
  27. ^ 竹野内豊、テレ朝「木9」初主演 “元妻”松雪泰子と最強弁護士タッグ”. ORICON STYLE (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。

外部リンク編集