禿髪 烏孤(とくはつ うこ)は、五胡十六国時代南涼の初代王。

武王 禿髪烏孤
南涼
初代王
王朝 南涼
在位期間 397年 - 399年
都城 廉川堡→楽都
姓・諱 禿髪烏孤
諡号 武王
廟号 烈祖
生年 不詳
没年 399年
禿髪思復鞬
年号 太初 : 397年 - 399年

生涯編集

禿髪思復鞬の子として生まれる。父の時代までにすでに勢力を蓄えていたが、烏孤は諸勢力を次々と破って勢力を拡大する。主君である後涼の皇帝・呂光は烏孤の勢力拡大を恐れ、河西鮮卑大都督・広武県侯の官位を与えることで妥協しようとしたが、烏孤はこれに応じず、397年には大都督・大将軍・大単于・西平王を自称して独立した。これが南涼の正式な起源である。

烏孤はその後も勢力を拡大していったが、399年に酒に酔ったまま乗馬していたときに落馬してしまい、それが原因で死去した。後を弟の禿髪利鹿孤が継いだ。

死の寸前、「呂光様を喜ばせてしまったな」と述べたとされている。かつての主君・呂光も同年のうちに死去している。

宗室編集

編集

  • 禿髪思復鞬

編集

従弟編集

  • 禿髪替引
  • 禿髪洛回

編集

  • 禿髪羌奴
  • 禿髪樊尼
  • 禿髪赴単