メインメニューを開く

私が愛したギャングスター』(わたしがあいしたギャングスター、原題:Ordinary Decent Criminal)は、2000年の犯罪映画。イギリスドイツアイルランドおよびアメリカの合作(出資国を含む)。監督はアイルランド出身のサディウス・オサリヴァン2000年東京国際映画祭でプレミア上映されている。

私が愛したギャングスター
Ordinary Decent Criminal
監督 サディウス・オサリヴァン
脚本 ジェラルド・ステムブリッジ
製作 ジョナサン・カヴェンディッシュ
製作総指揮 ジェームズ・ミッチェル
クリスティン・ルパート
ラルフ・カンプ
ロッド・ストーンマン
ポール・タッカー
出演者 ケヴィン・スペイシー
リンダ・フィオレンティーノ
スティーヴン・ディレイン
音楽 デーモン・アルバーン
撮影 アンドリュー・ダン
編集 ウィリアム・M・アンダーソン
配給 ミラマックス・フィルムズ
公開 アイルランドの旗 2000年1月7日
日本の旗 2000年12月16日
上映時間 93分
製作国 アイルランドの旗 アイルランド
ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

マイケル・リンチはダブリンで最も悪名高い犯罪者の一人。クリスティーンとリサ(実の姉妹)の二人の妻と子供たちを愛するマイケルだが、仲間たちと共に富裕層や体制を挑発するような犯罪を繰り返していた。

マイケルと仲間たちは、カラヴァッジョの名画『キリストの逮捕』(The Taking of Christ)を盗み出すことに成功する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

外部リンク編集