メインメニューを開く

私のパパはマフィアの首領』(わたしのパパはマフィアのドン、原題: Cookie)は、1989年製作のアメリカ映画

私のパパはマフィアの首領
Cookie
監督 スーザン・シーデルマン
脚本 スーザン・シーデルマン
アリス・アーレン
製作 ローレンス・マーク
製作総指揮 スーザン・シーデルマン
ノーラ・エフロン
アリス・アーレン
出演者 ピーター・フォーク
エミリー・ロイド
ダイアン・ウィースト
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 アンドリュー・モンドシェイン
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年8月23日
日本の旗 1990年3月31日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,869,417[1]
テンプレートを表示

製作、監督はスーザン・シーデルマン、主演はピーター・フォーク

目次

概要編集

刑事コロンボ』、『ラジオタウンで恋をして』のピーター・フォークが、家族の絆と暗黒街での自身の座を取り戻そうと奮闘するマフィアのドンを演じたほか、『少女リンダ、あなたがいたから』でヒロインを演じたエミリー・ロイドが娘役で登場、フォークと息のあった演技を見せる。テーマ曲はカイリー・ミノーグの「ラッキー・ラヴ」。

ストーリー編集

暗黒街をリードしてきた「めかし屋ディノ」ことディノ・カピスコが出所。彼の不在の間に、ボスの座がカーマインの組織に移ったことを知ったディノは、命の危険を冒しながら復権を狙い暗躍を始める。しかし彼にはひとつだけ悩みの種があった。それは、不良娘のクッキーの存在であった。権力の奪還、娘との関係改善。2つの実現に向け、ディノは奔走する。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Cookie”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月1日閲覧。

外部リンク編集