私の少女』(わたしのしょうじょ、原題:도희야)は、2014年公開の韓国映画。映画監督のイ・チャンドンがプロデュースし、チョン・ジュリの長編映画監督デビュー作となった。主演はペ・ドゥナ[1][2]
第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品作品[3]。第50回シカゴ国際映画祭特別招待作品[4]

私の少女
도희야
監督 チョン・ジュリ
脚本 チョン・ジュリ
製作総指揮 イ・チャンドン
出演者 ペ・ドゥナ
キム・セロン
音楽 チャン・ヨンギュ
撮影 キム・ヒョンソク
製作会社 ファインハウスフィルム
ナウフィルム
配給 CJエンタテインメント
公開 大韓民国の旗 2014年5月22日
日本の旗 2015年5月1日
上映時間 119分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
私の少女
各種表記
ハングル 도희야
発音 ドヒヤ
日本語読み: わたしのしょうじょ
題: A Girl at My Door
テンプレートを表示

ストーリー編集

ソウルから小さな漁港の村の警察所所長として赴任したイ・ヨンナム(ペ・ドゥナ)は、14歳の少女ソン・ドヒ(キム・セロン)が継父ヨンハから暴力を受けているのを目撃する。ドヒの母親はドヒを置いて家を飛び出しており、村唯一の若者であるヨンハの虐待に村の者は見て見ぬふりをしていた。

ドヒは暴力から自分を守ってくれるヨンナムに懐き、ヨンナムがドヒを自宅に引き取り面倒をみることとなるが、継父のヨンハはヨンナムのある秘密を目撃する。

キャスト編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集