メインメニューを開く

私の愛情の対象』(The Object of My Affection)は、1998年制作のアメリカ合衆国の映画

私の愛情の対象
The Object of My Affection
監督 ニコラス・ハイトナー
脚本 ウェンディ・ワッサースタイン
原作 スティーヴン・マコーレイ
製作 ローレンス・マーク
ダイアナ・ポコーニー
ペトラ・アレキサンドリア
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 タリク・アンウォー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年4月17日
日本の旗 1998年12月5日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1500万ドル
興行収入 $46,905,889[1]
テンプレートを表示

ゲイの男性との友情を通して自分の生き方を見つけていく女性の物語。

目次

ストーリー編集

ニューヨークでソーシャル・ワーカーとして働くニーナは、ある日、ゲイの小学校教師ジョージと知り合う。ニーナにはヴィンスという恋人がいるが、失恋したばかりというジョージを彼女はルームメイトとして受け入れる。お互い恋愛関係に発展することがない、ただの友人として、悩みを打ち明けたり、ダンス教室に通ったりして気楽な日々を過ごしていた。そんな折り、ニーナの妊娠が発覚する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

その他編集

  • 主題歌の「You Were Meant For Me」をスティングが歌っている。オリジナルは1929年に発表されたポピュラーソングで、音楽を担当したジョージ・フェントンがプロデュース。

参考文献編集

  1. ^ The Object of My Affection”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集