メインメニューを開く

秋…冬への前奏曲』(あきからふゆへのプレリュード)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品で同劇団付演出家である谷正純の本公演(宝塚大劇場)デビュー作品。1990年9月21日から10月30日[1](新人公演は10月12日[2]) に宝塚大劇場にて初上演された。大劇場での伴演作は『ザ・ショーケース[1]』。

第二次世界大戦で侵攻したナチス・ドイツ軍撤退後のチェコスロバキアの民族問題を、ダンサーやそれらの支援者たちを通して描いた。

  • 1990年の初演は花組チェコのダンサー・ヤナーチェク(配役:大浦みずき)とスロバキアのダンサー・ナディア(ひびき美都)を軸に支援者・コマロフスキー伯爵(朝香じゅん)らをからめた描写がされた。副題は「悲しみのパ・ド・ドゥー(かなしみのパ・ド・ドゥー)[1]」。(東京公演なし)
  • 1993年星組が全国ツアーで再演。ただしヤナーチェク・ナディアは登場せず、ダンサーたちの支援者・コマロフスキー伯爵(麻路さき)と伯爵のユダヤ人秘書レナーテ(白城あやか)が中心となるなど、同じ話でありながら大幅にストーリー構成が変容した[3] 作品となった。伴演作は『ワンナイト・ミラージュ[3]』。

1993年星組の公演場所[3]

  • 9月11日 - 9月13日 仙台
  • 9月15日・16日 相模大野
  • 9月18日・19日 市川
  • 9月21日・22日 静岡
  • 9月24日 - 9月26日 広島
  • 9月28日・29日 鹿児島
  • 10月1日 - 10月3日 福岡市民会館

スタッフ(1990年初演時)編集

参考文献は80年史[1]

配役編集

「()」は新人公演・配役。不明点は空白とする。

役名 1990年花組 1993年星組
ヤン・ヤナーチェク 大浦みずき[1]愛華みれ[2] -
ナディア・ベネシュ ひびき美都[1]森奈みはる[2] -
コマロフスキー伯爵 朝香じゅん[1]宝樹芽里[2] 麻路さき[3]
レナーテ 香坂千晶[1](白城あやか[2] 白城あやか[3]
アンジェイ・ペトリューラ 安寿ミラ[1]汐風幸[2] 稔幸[3]
ルボル・ベネシュ 真矢みき[1]真琴つばさ[2]
ジュリア 華陽子[1]夏目佳奈[2]
ジゼラ 白城あやか[1]夢乃千琴[2] 陵あきの
ソフィー・フォン・ケスラー男爵夫人 梢真奈美[1]霧原翔子[2] 洲悠花[3]
レオ・シュルツ 未沙のえる[1]橘沙恵[2] 夏美よう[3]
ギノ・シュルツ 大舞夏織[1]大伴れいか[2] 鞠村奈緒[3]
タチアナ 北小路みほ[1]( )
アドロン 磯野千尋[1]( )
ララ・アンデルセン 峰丘奈知[1]( )
エーリッヒ・ケストナー 舵一星[1]( )
カレル 香寿たつき[1]( )
ハンナ 森奈みはる[1]( )
ノイマン中佐 一樹千尋[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 80年史 1994, p. 341.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 80年史 1994, p. 344.
  3. ^ a b c d e f g h i j 80年史 1994, p. 365.

参考文献編集