メインメニューを開く

秋元 久朝(あきもと ひさとも)は、出羽山形藩の第3代藩主。館林藩秋元家9代。

 
秋元久朝
時代 江戸時代後期
生誕 寛政4年閏2月23日1792年4月14日
死没 弘化4年10月19日1847年11月26日
別名 臣三郎(通称)
諡号 休翁
戒名 享徳院殿哲明久朝大居士
墓所 東京都台東区上野の東叡山護国院、  墓石、群馬県前橋市の光厳寺
官位 従五位下、左衛門佐、但馬守、若狭守、
大膳亮
幕府 江戸幕府
出羽国山形藩
氏族 秋元氏
父母 父:秋元永朝、母:牧野貞長の娘
兄弟 修朝知朝久朝
正室:浅野斉賢の娘
養子:志朝
テンプレートを表示

寛政4年(1792年)閏2月23日、第2代藩主秋元永朝の五男として生まれる。兄の修朝知朝が相次いで早世したため世継とされ、文化4年(1807年)、従五位下、左衛門佐に叙位・任官する。文化7年(1810年)、父の死により家督を継いだ。文政6年(1823年)、但馬守に遷任する。天保10年(1839年)4月13日、甥で養子の志朝家督を譲って隠居し、若狭守に遷任する。

弘化3年(1846年)に大膳亮に遷任し、剃髪して休翁とする。弘化4年(1847年)10月19日に死去した。享年56。