メインメニューを開く

秋元 喬房(あきもと たかふさ)は、武蔵川越藩の第2代藩主。

 
秋元喬房
時代 江戸時代中期
生誕 天和3年(1683年
死没 元文3年9月5日1738年10月17日
改名 源之助(幼名)→尚朝(初名)→喬房
戒名 泰元院殿智山義勇大居士
墓所 群馬県前橋市総社町総社の光巌寺
官位 従五位下、但馬守、伊賀
幕府 江戸幕府詰衆→奏者番
武蔵川越藩
氏族 秋元氏
父母 父:秋元喬知、母:秋元忠朝の娘
兄弟 武朝喬房
正室:奥平昌章の娘
娘(秋元喬求正室)
養子:喬求

生涯編集

天和3年(1683年)、初代藩主秋元喬知の次男として生まれる。元禄10年(1697年)12月18日に従五位下・伊賀守に叙位・任官する。元禄12年(1699年)12月6日に詰衆に任じられる。正徳4年(1714年)、父の死去により家督を継ぐ。

享保8年(1723年)9月18日に奏者番に任じられる。享保10年(1725年)12月7日に但馬守に遷任する。元文3年(1738年)9月5日に死去した。享年56。跡を婿養子の喬求が継いだ。