メインメニューを開く

秋元 安民(あきもと やすたみ、1823年2月11日文政6年1月1日) - 1862年9月22日文久2年8月29日))は播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市藩士国学者。名は正一郎、正蔭、御民、逸民とも称した。字は正朔、号は空室。

目次

生涯編集

 
『神護丸図絵馬』。慶応3年9月3日(1867年9月30日)に姫路藩船手組の4人によって奉納されたもの。

文政6年(1823年1月1日、姫路藩士の秋元右源次の次男に生まれる。仁寿山黌で学ぶ。

小野藩客員大国隆正に師事し国学和歌を学ぶとともに、隆正の養子になり野々口正蔭と名乗る[1]。後に伴信友にも師事する。

播磨国三木(兵庫県三木市)に私塾を開学、姫路藩の藩校教授になり姫路藩での尊王攘夷派の先駆者になる。西洋学問にも通じ、安政3年(1856年)、姫路藩主の酒井忠顕に大型西洋帆船の建造を進言する。遭難しアメリカ商船に救助された播磨の領民の情報を元に安政6年(1859年)に速鳥丸を建造・進水させると、続けて神護丸金花丸も建造する。

文久2年(1862年)、藩主の酒井忠績に随従して上京。同年8月29日、京都で客死。享年39。墓地は廬山寺

著書編集

  • 『例語部類』
  • 『就中宇宙起源』
  • 『近世三十六歌撰』
  • 『大祓詞集疏』
  • 『神議』
  • 『古祝詞新疏』
  • 『古語拾遺異本考』
  • 『八岐大蛇変化考』

など

脚注編集

  1. ^ 大国隆正の別姓が野々口であるため。

参考文献編集

関連項目編集