メインメニューを開く

秋元 景朝(あきもと かげとも)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将深谷上杉家の家臣。

 
秋元景朝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永5年(1525年
死没 天正15年11月12日1587年12月11日
改名 元景(初名)→景朝
別名 行朝
主君 上杉憲賢
氏族 秋元氏
父母 父:秋元政朝
上杉憲政養女・妙耕院古幡良家娘)
長朝

生涯編集

秋元氏宇都宮氏の流れを汲むとされる。宇都宮頼綱の子・泰業が13世紀前半に上総国秋元荘を領して後に秋元氏を名乗った。

大永5年(1525年)、秋元政朝の子として誕生。

天文10年(1541年)、故あって秋元の地を去り、深谷上杉家の上杉憲賢の家臣となって上野台と瀧瀬の2村を拝領した。後北条氏との戦いでは重臣として戦うが、主家が北条氏に降るとそれに従う。岡谷加賀守・井草左衛­門・上原出羽守と共に、深谷上杉氏四天王と呼ばれた。

天正15年(1587年)、死去。子・長朝は後に譜代大名となった。

なお、熊野大神社を造営したと伝わるが、現在のものは江戸時代後期に改修された物である。