メインメニューを開く

秋元 泰朝(あきもと やすとも)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名館林藩秋元家2代。徳川家康の近習出頭人と呼ばれた。

 
秋元泰朝
Akimoto Yasutomo.JPG
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正8年(1580年
死没 寛永19年10月23日1642年12月14日
改名 孫七郎(幼名)→泰朝
別名 通称:茂兵衛
戒名 照尊院殿道哲泰安大居士
墓所 群馬県前橋市総社町総社光巌寺
官位 従五位下但馬
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
上野総社藩主→甲斐谷村藩
氏族 秋元氏
父母 父:秋元長朝
兄弟 泰朝、小笠原某室、渋川某室
正室:大河内秀綱
富朝忠朝
養子:正朝松平正綱五男)

生涯編集

天正8年(1580年)、秋元長朝の子として誕生。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣後、大坂城の堀の埋立に功績があった。豊臣氏滅亡後の残党狩りも行った。

元和9年(1623年)2月、越前国北ノ荘藩(福井藩)主の松平忠直が幕府により改易となったのち、7月に近藤秀用曽根吉次阿倍正之等と共に泰朝が派遣され、松平家の相続に関する伝達を行い、当主不在の越前国の国務を行っている。

寛永5年(1628年)、父・長朝の死により秋元家の家督を相続する。寛永10年2月3日1633年3月12日)、甲斐国東部の郡内地方を治める谷村藩城代として1万8000石に封ぜられる。寛永13年(1636年)には、日光東照宮の造営で総奉行を務めた。

寛永19年(1642年)、この頃は全国的に深刻な寛永の大飢饉の最中であり、泰朝も対策にあたっていたが、10月23日に急死した。