秋元 知朝(あきもと ちかとも)は、江戸時代中期の出羽国山形藩の世嗣。官位従五位下伊賀守

 
秋元知朝
時代 江戸時代中期
生誕 安永5年4月12日1776年5月29日
死没 寛政12年10月24日1800年12月10日
官位 従五位下伊賀守
出羽山形藩世嗣
氏族 秋元氏
父母 秋元永朝
兄弟 修朝知朝久朝、了智院、
土井利行婚約者ら
浅野重晟
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・秋元永朝の四男として誕生。正室は浅野重晟の娘。

兄・修朝が早世したため、寛政5年(1793年)に嫡男となる。11代将軍徳川家斉御目見し叙任されたが、家督相続前の寛政12年(1800年)に早世した。

代わって弟・久朝が嫡男となった。

脚注編集

[脚注の使い方]