メインメニューを開く
秋元興朝

秋元 興朝(あきもと おきとも、安政4年5月4日1857年5月26日) - 1917年大正6年)4月23日)は、明治時代から大正時代華族外交官。極位は正三位。号は蔚堂。先妻は南部利剛の娘宗子。後妻は山内豊信の娘の八重子。

経歴編集

のちに下野高徳藩主となる戸田忠至の次男として生まれる。兄に戸田忠綱。幼名は和三郎。出生当時、実父は間瀬和三郎と名乗り、宇都宮藩家老として戸田家本家に仕えていた。

明治4年(1871年)9月9日、旧館林藩秋元礼朝の養子となり[注釈 1]、従五位に叙され、翌日に元服して興朝と名乗る。同年9月23日、礼朝の隠居により家督を継ぐ。1883年(明治16年)1月、外務省書記生(専門職)としてフランスの在パリ公使館勤務となるが、間もなく職を辞し欧州各地を遊学した。1885年(明治18年)12月に日本に帰った。この間、1884年(明治17年)7月8日に子爵を叙爵した[1]

明治22年(1889年)10月、「北海道土地払下規則」により、三条実美を中心に興朝ら華族組合で、北海道庁の土地5万町歩の貸下げを申請し、華族組合雨竜農場を創設した(米式の大農場経営による開墾を行ったが軌道に乗らず、明治24年(1891年)に三条が没すると求心力を失い、明治26年(1893年)解散)[2]

外務官僚として、明治25年(1892年)12月より弁理公使、明治28年(1895年)3月には特命全権公使に昇進した。しかし健康が優れず、任地に赴かず職を辞し、明治33年(1900年)に伊藤博文立憲政友会ができるとこれに加わって、東京支部長をつとめた。東洋商業学校の校長となった[3]。東京駿河台の邸宅のほか、旧領地館林にも別邸を持ち、同地の城沼の新田開墾事業などにも尽力した。大正6年(1917年)、61歳で没する。娘光子の婿で徳山藩毛利元功の三男の春朝が遺蹟を継いだ。

明治35年(1902年)、日下(ひのした)会を創設し相撲道の発展に寄与し、また常陸山の後援会「常陸山会」の会長もつとめた。

墓所編集

  • 谷中霊園 乙14

脚注編集

出典編集

  1. ^ 先祖の戸田忠昌の正室が秋元富朝の娘であった関係で、戸田家一族からしばしば秋元家へ養子入りする者が出ていた。

出典編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 北空知河川事業所・洪水と治水の歴史
  3. ^ 『最近調査男子東京遊学案内』明治42年博文館刊に校長で記載あり

参考文献編集

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
館林秋元家初代
1884年 - 1917年
次代:
秋元春朝