メインメニューを開く

秋山 たか志あきやま たかし1936年4月6日 - 1970年?)は、吉本新喜劇の役者。本名:広井孝。

人物編集

漫才秋山右楽・左楽の右楽の実子。漫才を志したが、かしまし娘らの芝居に魅了されコメディの世界に入る。

1959年10月、うめだ花月劇場開場間もない「吉本ヴァラエティ」(現在の吉本新喜劇)に入団。以降二枚目から二枚目半の路線で座長として活躍。

酒が災いし昭和40年代中頃に急死。

目立った弟子はいないが、西川きよしは付き人を務めた。また坂田利夫は吉本新喜劇研究生時代、毎晩自宅に訪れては芝居の指導を受けた。

参考文献編集

  • 「吉本新喜劇名場面集」

関連項目編集