メインメニューを開く

秋山古墳群(あきやまこふんぐん)は、埼玉県本庄市にある古墳群

現在、前方後円墳2基を含む43基の古墳が現存し、墳丘を失った古墳跡を含めると100基近い古墳があったと推定されている[1] 。古墳の分布は秋山地区の塚原・塚間・宿田保に多く所在する。1965年(昭和40年)3月1日付けで児玉町(当時)指定史跡に指定された[2]

目次

秋山庚申塚古墳編集

座標: 北緯36度10分33.0秒 東経139度08分43.7秒 残存部16メートルの円墳で、墳丘には葺石が確認され、埴輪片が採取されている。1987年(昭和62年)に児玉町史編纂事業の一環として発掘調査が行われ、直径34メートル、外径74メートルで二重の周溝を巡らせていることが確認された。主体部は全長7.74メートルの弱い胴張りのある横穴式石室で、南南西方向に開口している。1958年(昭和33年)の調査では玄室から馬具・武器・装身具など120点余りの副葬品が発掘された。6世紀後半に築造され、7世紀前半までに3回の追葬が行われたとみられている。玄室出土品は1988年(昭和63年)1月1日付けで市の指定考古資料に指定された。

脚注編集

  1. ^ 市指定文化財(記念物) 秋山古墳群 - 本庄市
  2. ^ 塩野博 『埼玉の古墳 児玉』155-168頁 さきたま出版会、2004年

関連項目編集

外部リンク編集