メインメニューを開く

秋山敬(あきやま たかし、1946年昭和21年) - 2011年平成23年)5月23日)、は、日本の都道府県職員・歴史学者。専門は日本中世史。武田氏研究会会長、山梨郷土研究会常任理事、山梨県文化財保護審議会・有形文化財部会長などを務める。

略歴編集

山梨県に生まれる。山梨大学古代史が専門の磯貝正義吉田孝に学ぶ。1968年に卒業後、山梨県立甲府南高等学校教員となる。翌年には山梨県職員となり、県社会教育課・文化課(後の学術文化財化)の文化財担当として県内各地の文化財の調査や指定に携わる。また、『山梨県史』をはじめ『甲府市史』、『石和町誌』など自治体史編纂にも携わり、特に1990年から編纂が開始された『山梨県史』の編纂された事務局立ち上げから携わり、1995年には初代室長となる。一時的に室長を離れるが、復帰して2005年3月に退職するまで室長を務めた[1]。在職中には「歴史の道調査報告書」や「棟札調査報告書」の観光に携わる[2]

一方で郷土研究・武田氏研究を行い、山梨郷土研究会の機関紙『甲斐路』(後の『甲斐』)や武田氏研究会の機関紙『武田氏研究』に論文を発表する。郷土研究・武田氏研究では主に、1980年から1982年にかけて手がけた甲斐国荘園に関する研究をはじめ、甲斐源氏の勃興、戦国期甲斐国の穴山氏跡部氏今井氏栗原氏など国人に関する研究を多く発表した。また、国立歴史民俗博物館の棟札調査の調査員として、棟札の調査・研究も行う。2002年には退職し、著述活動を行う。

2004年には『甲斐武田氏と国人』、『甲斐の荘園』が第二十八回野口賞郷土研究部門に選ばれた。

私生活においては愛猫家であり、ネコの歴史に関する研究の構想も語っていたという[3]

著作編集

  • 『甲斐武田氏と国人 戦国大名成立課程の研究』高志書院、2003年4月
  • 『武田信玄を歩く 歴史の旅』吉川弘文館、2003年8月
  • 『甲斐の荘園 甲斐新書5』岩田書院、2003年11月
  • 『甲斐源氏の勃興と展開』岩田書院、2013年12月
  • 『甲斐武田氏と国人の中世』岩田書院、2014年3月

参考文献編集

  • 『武田氏研究 第48号 秋山敬先生追悼号』武田氏研究会、2013年6月 
  • 清雲俊元「刊行にあたって」秋山敬『甲斐源氏の勃興と展開』岩田書院、2013年

脚注編集

  1. ^ 清雲(2013)、p.ⅰ
  2. ^ 清雲(2013)、p.ⅰ
  3. ^ 清雲(2013)、p.ⅲ